Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

決済サービス事業者による「EC決済協議会」が発足 - 「セキュリティ」「不正利用対策」の情報を共有

インターネットなどで活用される決済サービスについて、事業者間で情報を共有することを目的とした業界団体「EC決済協議会」が発足した。

同協議会は、EC市場の拡大を背景に、今後決済サービス提供事業者の担う責任が増加。要求されるサービスが複雑かつ高度化するとして、GMOペイメントゲートウェイ、スマートリンクネットワーク、ソフトバンク・ペイメント・サービス、デジタルガレージ、ペイジェント、ベリトランスの6社が設立したもの。

具体的には、EC事業者が直面する「セキュリティ」「不正利用対策」「業務運用」など情報の共有し、課題検討するほか、関係団体とコミュニケーションを促進し、健全な決済サービスの発展を目指すという。

(Security NEXT - 2012/08/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

2018年2Qの「標的型攻撃メール」は43件 - 「CVE-2017-11882」の悪用目立つ
2017年度「標的型攻撃」 は幅広い分野が標的に - 「ANEL」「Taidoor」「PLEAD」などのツールを悪用
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
2018年1Qの「標的型攻撃メール」は101件 - 標的の8割がプラント関係者
「標的型攻撃メール」が大幅増、プラント関連事業者が標的 - 実在の開発プロジェクトなど詐称
人材育成でNEC、日立、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
FIDO、国内WG参加組織が1年で2倍超に - 日本語での情報発信に注力
標的型攻撃の相談は減少するも緊急レスキュー支援は増加
J-CSIP、「やりとり型」の標的型攻撃を確認 - 日本語ばらまき型メールも巧妙化
巧妙化する標的型攻撃、複数マルウェアの同時感染で攻撃を冗長化