Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

全店調査により顧客情報のべ12万4000件の紛失が判明 - 幡多信金

幡多信用金庫は、顧客情報が記載された帳票のべ12万4471件が所在不明になっていることを明らかにした。

所在不明になっているのは、出資金名簿や睡眠預金一覧表、預金口座振替依頼書など42種の帳票で、合計320冊にのぼる。記載されている顧客情報はのべ12万4471件。帳票の種類によって記載内容は異なるが、顧客の氏名、住所、電話番号、預金金額、生年月日、勤務先などが含まれる。

2000年から2011年までの保管文書について保管状況を調査したところ判明。紛失した帳票のうち40冊については廃棄記録簿に記載があり、誤廃棄を確認したが、残り320冊については記録はなかった。これまで外部漏洩の報告などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2012/07/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

被保険者の個人情報含む書類を誤送付 - 東京都信金健保
顧客情報記載の書類を紛失、翌日に回収 - 呉信金
顧客情報含む伝票綴りが所在不明 - コザ信金
印影など顧客情報含む伝票綴りを紛失 - 旭川信金
顧客情報記載の内部文書が所在不明に - 帯広信金
顧客情報記載の帳票を紛失 - 宮城第一信金
顧客情報が記載された振込依頼書を紛失 - 三島信金
取引情報含むATMジャーナルを誤廃棄 - コザ信金
休眠口座の一部印鑑票が所在不明 - かながわ信金
顧客情報記載の帳票1281件が所在不明 - アルプス中央信金