Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

約4割の企業がウイルス被害を経験 - POSや製造ライン、ATMでも被害発生

4割近い企業が、セキュリティ関連の被害に遭遇していることがわかった。全体の割合としては小さいが、基幹システムでも被害が発生している。

120629ij_01.jpg
セキュリティ被害を受けた資産(グラフ:IDC Japan)

IDC Japanが、2012年2月に国内企業659社を対象に実施した実態調査により判明したもの。調査結果によれば、4割近くの企業が、セキュリティ関連の被害を経験している。最多だったのは、ウイルス感染で3割以上の企業が遭遇していた。

被害を受けた資産を見ると、クライアントPCで75.3%と突出している。以降「ファイルサーバ(27.5%)」「データベースサーバ(14.5%)」「ウェブアプリケーションサーバ(12.5%)」「業務アプリケーションサーバ(7.1%)」が続く。

一方で割合が小さいものの、「POSサーバ(3.1%)や「POS端末(1.6%)」のほか、「製造ライン(2%)」「「ATMなど専用端末(0.4%)」など、基幹システムについても被害が発生していた。

(Security NEXT - 2012/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移