Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java」の脆弱性を狙う攻撃が発生 - 正規サイト経由でマルウェア感染

JPCERTコーディネーションセンターは、「Java」の脆弱性を悪用した攻撃を確認しているとして、注意喚起を行った。問題の脆弱性は、6月12日に公開された最新版で修正されており、アップデートを促している。

脆弱性の影響を受けるのは、「Java SE SDK」および「JRE」の「同7 Update 4」「同6 Update 32」。これらより以前のバージョンも含まれる。

正規サイトの改ざんにより不正サイトへ誘導し、マルウェアへ感染させようとする攻撃について報告を受けたもので、同センターが、脆弱性修正前のバージョンを用いて実際にコードを検証したところ、外部サイトへ接続されることを確認した。

また同センターは、同脆弱性を悪用する機能が、すでにエクスプロイトキットに組み込まれており、今後攻撃活動が拡大する可能性があると指摘。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュアブレイン、ウェブアプリのソースコード診断を開始
アーカイブ展開に脆弱性「Zip Slip」 - 多数ソフトウェアに影響
「Spectre」「Meltdown」と類似した脆弱性2件が判明 - 数週間以内に更新予定
同一PDFファイルに「Acrobat/Reader」と「Windows」のゼロデイ脆弱性 - 併用で高い攻撃力
「Drupal 8」に「Drupalgeddon 2.0」とは異なるあらたな脆弱性 - 重要度は「中」
「Java SE」に14件の脆弱性 - アップデートが公開
Oracleが定例アップデート、脆弱性254件を修正 - 143件はRCE脆弱性
「Spring Framework」の脆弱性、2017年の「Struts」脆弱性を想起させる危険度
EGセキュア、スマホアプリ向けに脆弱性診断 - サーバのAPIにも対応
「Cisco Secure Access Control System」に深刻な脆弱性