Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Java」の脆弱性を狙う攻撃が発生 - 正規サイト経由でマルウェア感染

JPCERTコーディネーションセンターは、「Java」の脆弱性を悪用した攻撃を確認しているとして、注意喚起を行った。問題の脆弱性は、6月12日に公開された最新版で修正されており、アップデートを促している。

脆弱性の影響を受けるのは、「Java SE SDK」および「JRE」の「同7 Update 4」「同6 Update 32」。これらより以前のバージョンも含まれる。

正規サイトの改ざんにより不正サイトへ誘導し、マルウェアへ感染させようとする攻撃について報告を受けたもので、同センターが、脆弱性修正前のバージョンを用いて実際にコードを検証したところ、外部サイトへ接続されることを確認した。

また同センターは、同脆弱性を悪用する機能が、すでにエクスプロイトキットに組み込まれており、今後攻撃活動が拡大する可能性があると指摘。アップデートを呼びかけている。

(Security NEXT - 2012/06/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「BIG-IP」脆弱性問題でF5が侵害の調査方法を公開 - 米政府も注意喚起
Google、複数脆弱性を解消した「Chrome 84.0.4147.105」をリリース
Google、「Chrome 83.0.4103.106」を公開 - 複数脆弱性に対処
「Java SE」にアップデート - 脆弱性11件に対処
Oracle、「Java SE」の脆弱性15件を修正
Oracle、四半期定例パッチをリリース - のべ脆弱性443件を修正
「SAP NetWeaver AS Java」に深刻な脆弱性 - 即時対応を
F5の「BIG-IP」シリーズに深刻な脆弱性 - リモートよりコード実行のおそれ
Oracle、四半期定例パッチを公開 - のべ397件の脆弱性を修正
Google、「Chrome 80.0.3987」で複数脆弱性に対処