Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本インターネットポイント協議会、不正アクセスによる「なりすまし」問題でガイドラインを改訂

日本インターネットポイント協議会(JIPC)は、同協議会参加企業向けのガイドラインを改訂し、不正アクセス対策の項目を盛り込んだ。

同協議会は、インターネット上でポイントサービスを展開する事業者など19社が参加する業界団体。啓発活動やガイドラインの策定などを行っている。

一部ポイントサイトで、「なりすまし」による不正アクセスが発生し、ポイントを不正に利用される問題が発生したことを受けて、今回ガイドラインを改訂した。

具体的には、「なりすまし」を防ぐための対策実施を参加団体へ求め、ログインやポイント利用時にIDやパスワード以外の方法を用いてセキュリティのレベルを高めるよう義務づけた。

(Security NEXT - 2012/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ対策など整理した「医療情報システム向けAWS利用リファレンス」 - 4社が共同作成
マイナンバー関連事故は374件、前年度から倍増 - 5件は「重大な事態」
クラウド事業者向けセキュリティ対策GLで改訂案 - IoTサービスのリスク対応方針を追加
「フィッシング対策ガイドライン」2018年度版が公開
IoT向けセキュリティコンサルサービス - EGセキュア
クラウド事業者が医療情報を扱う際の安全管理ガイドライン - パブコメを実施
IoTセキュリティのガイドラインなどを整理したハンドブック - JNSA
総務省と経産省、連携チームの成果を公表 - セキュリティ税制など
「SSL/TLS暗号設定ガイドライン Ver.2.0」を公開 - IPA
サイバー攻撃の脅威高まるプラント分野に「セキュリティマニュアル」 - 「データ契約ガイドライン」も