Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

AIシステムの安全な実装運用に向けたガイダンスを公開 - 米政府ら

米政府などは、機械学習ベースのAIシステムを運用する組織に向けて、安全に実装するためのガイドラインを取りまとめ、公開した。従来のITシステムにおけるセキュリティ対策にくわえ、AIシステム特有の対策が求められるとし、実施を呼びかけている。

米国の国家安全保障局人工知能セキュリティセンター(NSA AISC)やサイバーセキュリティインフラストラクチャセキュリティ庁(CISA)、連邦捜査局(FBI)をはじめ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドのセキュリティ機関が共同でガイダンスを取りまとめたもの。

外部で開発されたAIシステムをオンプレミスやプライベートクラウド環境に実装し、運用する場合を想定している。第三者が提供するサービスを利活用するケースはスコープ外となる。

安全に実装し、運用していくためには、AIシステムの複雑さ、必要なリソース、使用するインフラを踏まえた慎重な設定と構成が必要であると指摘。実装、運用、保守面より考慮すべき事項をガイドラインとして取りまとめた。

機密性、完全性、可用性の向上を目標とし、脆弱性対策、システムや関連データ、サービスに対する悪意ある活動への対処や制御などについて説明。従来のITシステムにおけるベストプラクティスに加えて、AIシステムにおける対策を講じる必要があるとしている。

(Security NEXT - 2024/04/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

積水ハウスの会員サイトで個人情報流出 - 過去使用ページから
「Chrome」に今月4件目のゼロデイ脆弱性 - 悪用を確認
中学校で災害時に用いる個人票1クラス分が所在不明に - 二宮町
オンラインマラソンの案内メールで誤送信 - 袋井市スポーツ協会
学校施設開放の鍵貸出簿が強風で飛散、一部未回収 - 葉山町
第三者のYouTube動画に患者の電子カルテ情報 - 群大付属病院
新シリーズ「FortiGate 200G」を発表 - フォーティネット
活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
約3割が過去3年間にサイバー攻撃の被害経験 - ランサムは3.8%
サーバ運用監視ソフト「Cacti」にアップデート - 複数脆弱性を修正