Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンシューマーのセキュリティ対策、日本は24カ国中19位 - 約2割が未実施

マカフィーは、コンシューマーのパソコンにおけるセキュリティ対策の実施状況について調査し、結果を取りまとめた。日本国内のセキュリティ対策実施率は80.65%で、対象24カ国中19位だった。

同調査では、有効なウイルス対策、スパイウェア対策、ファイアウォールを基本的なセキュリティ対策と定義。2011年1月から11月にかけて毎月平均2700万台から2800万台のWindows搭載パソコンにおける任意のスキャンデータを分析し、世界24カ国のコンシューマーPCにおける実施状況を調べた。

同調査によれば、基本的な対策を実施している個人ユーザーは全体の83%で、ウイルス対策ソフトをインストールしていない、もしくはインストールしていても有効化していないユーザーは17%だった。

国別に見ると、もっとも実施率が高かったのがフィンランドの90.3%で、イタリア、ドイツと続く。最下位はシンガポールで78.3%だった。

国内の状況を見ると、対策実施率は80.65%で米国と同率で19位だった。未対策の19.35%のうち、13.2%についてはセキュリティソフトをインストールしておらず、6.15%はソフトを無効化していた。インストールしていないユーザーの割合は、スペインの16.33%に次いで2番目に多いという。

(Security NEXT - 2012/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

マルウェア遭遇リスク、日本は世界で下から8番目
EOL目前「Windows 7」、いまだ約1500万台が稼働
2019年上半期、金融資産狙うマルウェアの検知数が7%増
9カ国調査、コンシューマーの半数でサイバー被害 - 日本は4割
個人の半数がデータ消失経験 - 1割はバックアップせず
国内で約2700万台の「Windows 7」端末が稼働 - MSが推計
「Windows 10」利用者が5割超に - 一方で旧版アプリを半数以上が利用
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
ルータ認証情報、約7割が初期設定のまま - 44%はファームウェア認知せず
開発時のセキュリティ、社内方針があるIoT製品は4割未満 - 産業用などで低い傾向