Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

コンシューマーのセキュリティ対策、日本は24カ国中19位 - 約2割が未実施

マカフィーは、コンシューマーのパソコンにおけるセキュリティ対策の実施状況について調査し、結果を取りまとめた。日本国内のセキュリティ対策実施率は80.65%で、対象24カ国中19位だった。

同調査では、有効なウイルス対策、スパイウェア対策、ファイアウォールを基本的なセキュリティ対策と定義。2011年1月から11月にかけて毎月平均2700万台から2800万台のWindows搭載パソコンにおける任意のスキャンデータを分析し、世界24カ国のコンシューマーPCにおける実施状況を調べた。

同調査によれば、基本的な対策を実施している個人ユーザーは全体の83%で、ウイルス対策ソフトをインストールしていない、もしくはインストールしていても有効化していないユーザーは17%だった。

国別に見ると、もっとも実施率が高かったのがフィンランドの90.3%で、イタリア、ドイツと続く。最下位はシンガポールで78.3%だった。

国内の状況を見ると、対策実施率は80.65%で米国と同率で19位だった。未対策の19.35%のうち、13.2%についてはセキュリティソフトをインストールしておらず、6.15%はソフトを無効化していた。インストールしていないユーザーの割合は、スペインの16.33%に次いで2番目に多いという。

(Security NEXT - 2012/05/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

7割弱が「ランサムウェア」認知せず - 半数強がバックアップ未実施
標的型攻撃対策製品の市場規模は52億円 - 前年比89.4%増
サポート終了間近「Java SE 7」、依然4割が利用
2013年の国内モバイルセキュリティ市場は58億円 - 前年比25.8%増
国内セキュリティ製品市場規模は - 前年比15.2%増となる1630億円
通信事業者のセキュリティサービス市場は堅調 - 一方で当事者意識持ちセキュリティ投資する企業は少数
コンシューマー向けクラウドストレージを5割が業務利用 - 36%は機密文書を保存
国内モバイルセキュリティ市場、2012年の前年比成長率は35.9%
標的型攻撃やモバイルマルウェアの増加でエンドポイント製品が堅調 - IDC調査
スパム攻撃は平日へシフト、休日は25%減 - 火曜日と水曜日がピーク