Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」

2020年第3四半期の3カ月間にワールドワイドにおいてもっともフィッシング攻撃に悪用されたブランドは「Microsoft」だった。2番目に多かった「Facebook」と4倍以上の差があるという。

仏Vade Secureが、世界76カ国の10億個以上あるメールボックスで検知したフィッシング攻撃の状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。第3四半期におけるフィッシングメール全体の傾向としては、6月から8月にかけてユニークURLが減少し、ふたたび9月に増加が見られた。

また攻撃対象の絞り込みが見られたという。大量のメールを送信することから、ターゲットを絞り込み、フィッシングメールを送信する傾向が強まっており、パーソナライズされたメールが見られたと指摘。なかには1個人を狙ったものもあったという。

同期間中にフィッシング攻撃で用いられたユニークURL件数がもっとも多かったブランドを見ると、「Microsoft」が最多。7月に一時急増が見られ、さらに8月下旬から9月にかけて大幅に増加した。悪用されたユニークなURLの件数は1万3617件にのぼったという。2番目に多い「Facebook」と比較すると4倍以上にあたる。

攻撃者が「Microsoft」を好む傾向は今回に限ったものではなく、直近10四半期の調査で8回にわたり同ブランドが最多を記録している。

20201113_vs_001.jpg
フィッシングで利用されたURLユニークが多い上位10ブランド(グラフ:Vade Secure)

(Security NEXT - 2020/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2022年4Qインシデント件数は減少 - ウェブ改ざんなど減少
2022年のサイバー攻撃、前年比38%増 - 教育分野への攻撃増加
2022年12月のフィッシングURL、7カ月ぶりの1万件台
フィッシングURL、ピークの9月から2カ月で半減 - 「偽Amazon」が急増
10月のフィッシングURL、約44%減 - 報告数も減少
9月のフィッシングサイト、銀行関連が急増 - クレカ系は割合減
3Qのインシデント件数は減少 - サイト改ざんは増加
「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
フィッシングURL、1カ月で5万件超 - 過去最多更新
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破