Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」

2020年第3四半期の3カ月間にワールドワイドにおいてもっともフィッシング攻撃に悪用されたブランドは「Microsoft」だった。2番目に多かった「Facebook」と4倍以上の差があるという。

仏Vade Secureが、世界76カ国の10億個以上あるメールボックスで検知したフィッシング攻撃の状況について調査を実施し、結果を取りまとめたもの。第3四半期におけるフィッシングメール全体の傾向としては、6月から8月にかけてユニークURLが減少し、ふたたび9月に増加が見られた。

また攻撃対象の絞り込みが見られたという。大量のメールを送信することから、ターゲットを絞り込み、フィッシングメールを送信する傾向が強まっており、パーソナライズされたメールが見られたと指摘。なかには1個人を狙ったものもあったという。

同期間中にフィッシング攻撃で用いられたユニークURL件数がもっとも多かったブランドを見ると、「Microsoft」が最多。7月に一時急増が見られ、さらに8月下旬から9月にかけて大幅に増加した。悪用されたユニークなURLの件数は1万3617件にのぼったという。2番目に多い「Facebook」と比較すると4倍以上にあたる。

攻撃者が「Microsoft」を好む傾向は今回に限ったものではなく、直近10四半期の調査で8回にわたり同ブランドが最多を記録している。

20201113_vs_001.jpg
フィッシングで利用されたURLユニークが多い上位10ブランド(グラフ:Vade Secure)

(Security NEXT - 2020/11/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

フィッシングサイト、4月だけで1万件超 - 「au」の悪用報告が4.5倍に
2021年のフィッシング報告、後半に増加 - 狙う業種は「金融」から「通信事業者」に
ランサム攻撃に2割が支払い、4割は復旧できず
2022年1Qのインシデント、前四半期から15.2%減
2021年の不正アクセス認知は1516件 - 前年から約46%減
フィッシングURLやブランド悪用が過去最多 - 報告は8万件超に
フィッシング検知、年末年始や年度替わりに増加傾向
ソフト全般「脆弱性」対策の必要性、PC利用者で約6割が認知
不正送金マルウェアの検知数が大きく減少
勢い続くフィッシング攻撃 - ユニークURL、1日平均約270件