Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

データ保護の責任所在 - 日本とアジア地域にギャップ

アジア太平洋地域において、国内と海外ではデータを保護する責任の所在についてギャップが見られ、日本ではユーザー自身にあると考える割合が高い傾向が見られた。

米F5 Networksが、タブレットまたはスマートフォンを利用するアジア太平洋地域8カ国4100人のコンシューマーを対象に3月25日から4月13日にかけて調査を実施し、結果を取りまとめたもの。国内からは400人が回答した。

自身のデータを保護する責任の所在はユーザー自身にあると回答した割合は、日本は42%。調査対象国のなかで唯一「ユーザー自身」とする回答がもっとも多かった。他国ではサービスプロバイダ、あるいは政府との声が目立ち、地域全体では、回答者の43%が企業、32%が政府と回答した。

より良いユーザー体験を得るために個人情報を共有してもよいとする割合は、日本は43%。地域の平均である69%を下回る。特に中国では82%、続くインドネシアが79%と高い値を示した。

国内では大手モバイル決済サービスの不正アクセスなどを例に挙げ、規模が大きい侵害について認知状況を調べたところ、全回答者の27%は規模の大きいセキュリティ侵害を認識していないと回答した。侵害を受けたアプリケーションの使用を中止した回答者は4%と1割に満たない。

一方、企業におけるデータ保護の能力に対する信頼感は全体的に下がっており、特にソーシャルメディアに対する信頼感は2年前の調査から19ポイント低下していたという。

(Security NEXT - 2020/08/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

中小企業の個人情報安全管理コスト、年10万未満が6割強
個情委、自治体などのマイナンバー取扱状況を調査 - HDD廃棄や委託なども
消費者の9割弱、商品サービス選択時に提供企業のプライバシー取組を考慮
2021年上半期のサイバー犯罪検挙は5345件 - 高水準で推移
フィッシング報告が初の5万件超、毎分約1.2件 - URL数も記録更新
小中学校配布端末でのトラブル、約2割が経験 - 加害者になってしまうケースも
個人情報の漏洩や紛失などの報告、2020年度は4141件 - 個情委
外出自粛期間、子どもの6割がアダルトコンテンツに遭遇
フィッシングサイト、「偽Microsoft」が最多 - 「偽楽天」は3Qに急増
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査