Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ラック、学生のロシアCTF参戦を支援 - 「Tachikoma」のスポンサーに

ラックは、ロシアのモスクワで5月末に開催されるCTF(Capture The Flag)競技へ参加する日本チームのスポンサーになったと発表した。

5月30日から31日にかけて開催される「Positive Hack Days CTF」の参戦チーム「Tachikoma」を支援するもの。同チームは、世界各国から参加する強豪チームとセキュリティ技術を競う予定。

同チームは、東大、東京電機大、東京工科大、会津大の学生で構成されたチーム。同社によれば、学生メンバーのみの海外CTF参加は日本初の試みで、若年層の技術向上のため、財政面からサポートするという。

(Security NEXT - 2012/05/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

人材育成でNEC、日立製作所、富士通が共同プロジェクト - 人材モデルの定義からサイバーレンジ活用まで
NICT、東京五輪向けサイバー演習「サイバーコロッセオ」展開 - 約220人のセキュリティ人材を育成
「情報セキュリティ文化賞」の候補者を公募 - 情セ大
DTRSとDNP、人材育成プログラムにインシデント対応メニュー - サイバーレンジを活用
サイバー大学、「AIテクノロジープログラム」を新設
ASEAN向けにサイバーセキュリティ演習を実施
誤送信で講座受講者のメールアドレス流出 - 首都大学東京
総務省、「IoTセキュリティ総合対策」を公表 - 脆弱性対策や人材育成を提言
日立、情報セキュリティ体制を強化 - セキュリティリスク統括本部を設置
日本初となるサイバーセキュリティ日米合同演習を実施 - 経産省