Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

15歳以下のユーザーを対象にチャットなどのサービスを制限 - アメーバピグ

サイバーエージェントは、同社アバターサービス「アメーバピグ」「ピグライフ」において、若年者を対象に機能制限を4月から実施することを明らかにした。

同サービスは、アバターを仮想空間内で操作し、チャットやゲームなどを楽しむことができるSNSサービス。利用者数は2011年11月の時点で1000万人を超えている。

SNSサイトが「出会い系サイト」として利用され、若年層が被害に遭うケースもあることから、同社では青少年保護としてこれまでも年齢確認を実施し、18歳未満の利用者に対して一部機能に制限を加えているが、4月24日以降は、15才以下の利用者を対象に他ユーザーとコミュニケーションを取る機能について大幅に制限を実施するという。

(Security NEXT - 2012/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SEO支援サービスに不正アクセス - アカウント情報流出の可能性
Office数式エディタに対する脆弱性攻撃 - サンドボックス回避のおそれも
子どものスマホ安全対策、約半数が利用せず - 有料アプリ利用は4.6%
顧客へのアクセス権限持つMSP、APT攻撃の標的に - 米政府が警鐘
ネオジャパンのウェブメール「Denbun」に8件の脆弱性
クラウドファンディング参加者の個人情報含むURLが流出 - アニソン野外イベント
「ColdFusion」狙う攻撃が発生、早急に更新を - 適用優先度を急遽最高値に引き上げ
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
「BIND 9」のダイナミックDNS機能に脆弱性 - 10月の次期アップデートで対応予定
宮城県図書館サイトにDDoS攻撃 - 特定国より認証ページに大量アクセス