Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

15歳以下のユーザーを対象にチャットなどのサービスを制限 - アメーバピグ

サイバーエージェントは、同社アバターサービス「アメーバピグ」「ピグライフ」において、若年者を対象に機能制限を4月から実施することを明らかにした。

同サービスは、アバターを仮想空間内で操作し、チャットやゲームなどを楽しむことができるSNSサービス。利用者数は2011年11月の時点で1000万人を超えている。

SNSサイトが「出会い系サイト」として利用され、若年層が被害に遭うケースもあることから、同社では青少年保護としてこれまでも年齢確認を実施し、18歳未満の利用者に対して一部機能に制限を加えているが、4月24日以降は、15才以下の利用者を対象に他ユーザーとコミュニケーションを取る機能について大幅に制限を実施するという。

(Security NEXT - 2012/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

D-Link製の一部ルータにバックドアが判明 - サポート終了で修正予定なし
「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
ニコニコ狙う不正ログイン攻撃、数百万回規模の試行 - 分散したIPアドレスより攻撃
「WebLogic」のRCE脆弱性狙う攻撃に注意 - パッチ公開数時間後より被害が発生
ドメイン管理にメールによる追加認証をオプションで提供 - GMO
NTT、DNSによるブロッキングを準備 - 「政府決定にもとづく対応」強調
EUの十分性認定に向けた個人データ取扱ガイドライン案 - パブコメ実施
「Spring Data Commons」に深刻な脆弱性 - REST処理などでコード実行のおそれ
教職員異動情報を公式発表前に誤って公開、SNSでも拡散か - 新潟日報