Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

15歳以下のユーザーを対象にチャットなどのサービスを制限 - アメーバピグ

サイバーエージェントは、同社アバターサービス「アメーバピグ」「ピグライフ」において、若年者を対象に機能制限を4月から実施することを明らかにした。

同サービスは、アバターを仮想空間内で操作し、チャットやゲームなどを楽しむことができるSNSサービス。利用者数は2011年11月の時点で1000万人を超えている。

SNSサイトが「出会い系サイト」として利用され、若年層が被害に遭うケースもあることから、同社では青少年保護としてこれまでも年齢確認を実施し、18歳未満の利用者に対して一部機能に制限を加えているが、4月24日以降は、15才以下の利用者を対象に他ユーザーとコミュニケーションを取る機能について大幅に制限を実施するという。

(Security NEXT - 2012/03/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「SECCON 2017」オンライン予選の登録受付が開始
チケットキャンプ、本人認証を厳格化 - 不正出品対策で
プリンストン製モバイルストレージに複数の脆弱性
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
JPCERT/CC、「ランサムウェア特設サイト」開設 - 対策を紹介
金融機関の3割でサイバー攻撃が発生 - 1割が「経営に影響」と回答