Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、独自マルウェアDBで被害を確認する「標的型攻撃検査サービス」

NECは、標的型攻撃の被害を確認する診断サービス「標的型攻撃検査サービス」の提供開始する。

同サービスは、2010年6月より同社が提供する「インシデント可視化ソリューション」の技術を活用した標的型攻撃の調査サービス。標的型攻撃の対象となる端末やサーバのハードディスクを、独自のマルウェア情報を収録したデータベースなどを活用して分析し、攻撃の有無について確認する。

サービスの料金は、対象台数や疑わしいファイルのチェック数などにより変化するが、100台のPCとサーバを検査対象とし、疑わしいファイル30ファイルがある場合、330万円を予定している。

(Security NEXT - 2012/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ログやマルウェアの無料調査ツール「FalconNest」 - ラック
SOCなどで収集した日本特有の脅威情報を提供 - ラック
カスペがEDRを投入 - サンドボックスやインテリジェンスと連携
IIJ、「Black Hat」でトレーニングを提供 - 4日間で100以上の演習
擬似フィッシング攻撃によるトレーニングサービスをバージョンアップ - ソフォス
ラック、「ペネトレーションテストサービス」を提供 - 疑似標的型攻撃も実施
MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL