Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NEC、独自マルウェアDBで被害を確認する「標的型攻撃検査サービス」

NECは、標的型攻撃の被害を確認する診断サービス「標的型攻撃検査サービス」の提供開始する。

同サービスは、2010年6月より同社が提供する「インシデント可視化ソリューション」の技術を活用した標的型攻撃の調査サービス。標的型攻撃の対象となる端末やサーバのハードディスクを、独自のマルウェア情報を収録したデータベースなどを活用して分析し、攻撃の有無について確認する。

サービスの料金は、対象台数や疑わしいファイルのチェック数などにより変化するが、100台のPCとサーバを検査対象とし、疑わしいファイル30ファイルがある場合、330万円を予定している。

(Security NEXT - 2012/01/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS&AD、中小企業向けに「プラン型」サイバー保険
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
PFU、不正端末検知製品を強化 - マルウェア検知機能など追加
標的型攻撃メール訓練をセルフサービスで提供 - KDL
MIND、一連の攻撃シナリオから検知する対策サービス
オージス総研、マルウェアメール受信後の状況報告などを訓練するサービス
ALSI、公衆無線LAN提供事業者向けのフィルタリングプラットフォーム
標的型メール訓練や損害額試算サービスを無償提供 - MS&ADグループ
日立システムズ、制御システムに特化したセキュリティサービス
ファイア・アイ、アカデミック版を期間限定で提供