Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dr.Web、ブラウザ用無償ブラグインをバージョンアップ

Doctor Webは、ブラウザ用無料ソフト「Dr.Web LinkCheckerプラグイン」をバージョンアップした。

同ソフトは、インターネットにおいてリンク先となるウェブページやファイルの安全性を確認できる無料プラグイン。

最新版となる「バージョン2.56」では、リンクをチェックする際、同社のペアレンタルコントロール用データベースを参照してチェックすることができるようになった。

「Facebook」「Google+」のモバイルサイトや「Mozilla Fennec 6.0 Beta for Android」に対応した。またリンクに同一のトップドメインやサブドメインを持っている場合に、検査が正常に実行できない不具合を修正している。

アップデートは、「Firefox」「Thunderbird」「Opera」「Google Chrome」「Safari」で利用可能。また既存ユーザーは自動的にアップデートが行われる。

(Security NEXT - 2011/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加
TSS LINK、ファイル暗号化機能を組み込めるSDK
ファイルやリンクの安全性を検証する「Salesforce」向けソリューション
スカイアーチ、項目を絞ったサイト脆弱性診断サービス
キヤノンITS、受信メールの添付ファイルやリンクを除去するサービス
ダウジャパン、メールセキュリティのアプライアンス - 添付ファイルの拡張子偽装検査にも対応
ウォッチガードとパイオリンク、感染端末を遮断する新ソリューション
メール添付ファイルや記載URLの危険性をチェックするサービス - BIGLOBE
自治体向けにメールの無害化転送サービス - リンクや添付ファイルを除去
専用USBメモリを使ったマイナンバー管理ソリューション