Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Dr.Web、ブラウザ用無償ブラグインをバージョンアップ

Doctor Webは、ブラウザ用無料ソフト「Dr.Web LinkCheckerプラグイン」をバージョンアップした。

同ソフトは、インターネットにおいてリンク先となるウェブページやファイルの安全性を確認できる無料プラグイン。

最新版となる「バージョン2.56」では、リンクをチェックする際、同社のペアレンタルコントロール用データベースを参照してチェックすることができるようになった。

「Facebook」「Google+」のモバイルサイトや「Mozilla Fennec 6.0 Beta for Android」に対応した。またリンクに同一のトップドメインやサブドメインを持っている場合に、検査が正常に実行できない不具合を修正している。

アップデートは、「Firefox」「Thunderbird」「Opera」「Google Chrome」「Safari」で利用可能。また既存ユーザーは自動的にアップデートが行われる。

(Security NEXT - 2011/10/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
SISとAeye、サイトの脆弱性診断サービスの提携拡大
マカフィーが「EDR」を国内展開 - 調査支援機能を搭載
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
脅威情報を集約し横断分析する「CURE」を開発 - NICT
サイトの脆弱性を診断する月額制クラウドサービス - セキュアブレイン
FireEye、メールセキュリティ製品に新版 - リンク置換で保護、BEC対策も
航空業界向けにセキュリティ対策サービス - エフセキュア
カスペ、Linuxメールサーバ向け製品に新版 - マクロウイルス対策など追加