Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「GUARDIANWALL」に添付ファイルのダウンロードリンク化機能

キヤノンマーケティングジャパンは、クラウド型メール情報漏洩対策サービス「GUARDIANWALL Mailセキュリティ・クラウド」の新バージョンを8月22日にリリースする。

新版では、「MailConvert on Cloud」に、添付ファイルのダウンロードリンク化の機能を追加。メール送信時に添付ファイルを自動的にサーバへアップロードし、ファイルをダウンロードするためのURLをメール本文に自動で挿入する。

ダウンロードサイトへのログインには、MicrosoftアカウントおよびGoogleアカウントによる認証に対応しているほか、ワンタイムパスワード認証も利用できる。

管理画面より添付ファイルのダウンロード履歴を確認できるほか、サーバ上のファイルを非公開にしたり、削除することが可能。従来の添付ファイルzip暗号化機能も引き続き提供するとしており、適用するルールを宛先ごとに設定することもできるという。

(Security NEXT - 2021/08/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ドコモメール」が「DMARC」「DKIM」のチェックに対応
期間限定で大規模企業に「Emotet」の感染調査を無料提供 - ラック
SB、スミッシング対策を無償提供 - アルファベット発信元の拒否にも対応
20以上の言語に対応、脅威情報の調査報告サービス
スマホ向けにトラブル補償付きセキュリティパック - ソフトバンク
家庭向けIoT機器のマルウェア感染や脆弱性状況を無料で検査するサービス
法人向けにオンラインのセキュリティ教育サービス - カスペ
UTMにオンサイト対応を付帯した中小企業向けサービス - CSP
「Log4Shell」の有無やログ内の攻撃痕跡を無料調査 - SHIFT SECURITY
最大7年分のPC操作ログを保管、検索できるクラウドサービス