Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

衆院議員のパソコンにウイルスが感染 - サーバへ感染のおそれも

衆議院のサーバや一部衆議院議員が公務で利用するパソコンにウイルスが感染し、情報漏洩など発生した可能性があることがわかった。

8月下旬に一部議員のパソコンにウイルスが感染し、衆議院のサーバについても感染の疑いがあることが判明したもの。すでに端末などはネットワークから遮断されている。

IDやパスワードの流出を指摘する報道もあり、衆議院事務局では対策本部を設置して、報道の内容も含めて事実確認を進めている。警察による捜査のほか、政府も事実関係について確認を進めている。

問題のサーバには、一般へ公開されている情報にくわえ、議員や関係者などの個人情報をはじめとする機密情報も含まれていた。

(Security NEXT - 2011/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
SECCON優勝チーム所属の東大生サークルがCTFを開催
サイト上での仮想通貨発掘プログラム設置に無罪判決
「Coinhive」はマルウェアか - ベンダーの意外な対応
他利用者に騙されウイルス感染、偽運営者によるアカウント詐取 - IPAがネットゲーム利用者へ注意喚起
不正アクセスの検挙564件、目立つ脆弱PW狙い - ウイルス罪は68件
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
ブラウザ上で仮想通貨を発掘する「Coinhive」がサービス終了へ
ウェブ上の電話番号に潜む危険 - 「Googleマップ」や「Wikipedia」経由で詐欺誘導
上場企業の優先対応すべきリスク、「サイバー攻撃」は14.9%