Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

リビア情勢に便乗する詐欺スパムに注意

シマンテックは、カダフィ政権が崩壊したリビア情勢に便乗するスパム攻撃を観測しているとして注意を呼びかけている。

問題のスパムは、カダフィ大佐の近親者や関係者、医師を名乗ったメールで、政権崩壊にともない膨大な資産を移転させる必要があるとして協力者を求め、メールの返信を求める内容だという。

メールの文面では、成功時に金銭を支払うなどとして誘惑しているが、典型的な詐欺メールの一種で、メールアドレスや個人情報を収集を目的とした攻撃であるとして、注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/08/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「W杯」便乗のサイバー攻撃に注意を - 選手の検索結果に危険が潜む場合も
1週間に2400件超のサイト改ざん - 詐欺サイト誘導の踏み台に
客員教授のメールアカウントに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - 京都薬科大
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
「高尾ビジターセンター」のメールアカウントに不正アクセス - スパム送信の踏み台に
攻撃者がメール転送設定を変更、受信した個人情報が外部に - 立命館大
「認証番号」を聞かれた時どうする? 設定やシーンごとの対応策などLINEが解説
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
フィルタリング製品「GUARDIANWALLシリーズ」の新版を発売 - キヤノンITS
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇