Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

デジタルアーツ、新機能など25カ所を強化した「m-FILTER」最新版を発売

デジタルアーツは、メールフィルタリングソフトの最新版「m-FILTER Ver.3」を、6月30日より発売する。

デジタルアーツ m-FILTER Ver.3
新機能「アーカイブ個人検索機能」の画面

同製品は、メールの送受信制御を行う「m-FILTER MailFilter」、メールの全文保存と検索を可能にする「m-FILTER Archive」、スパム対策を提供する「m-FILTER Anti-Spam」の3機能を備えたメールセキュリティソフト。必要な機能のみ利用することもできる。

最新版では、保存メールを管理者ではなく各利用者による管理、検索を可能にする「アーカイブ個人検索機能」を追加。さらに誤送信防止機能として、「時間差ディレイ送信」機能をあらたに搭載した。

同機能では、メール送信にあたり社内には即時送信し、社外へは一定時間送信を保留する機能。これにより、誤送信があった場合社内の受信者が気付く可能性が高まるため、誤送信のリスクを低減できるという。

このほか、保存メールの一括ダウンロードやLDAP認証連携、保留メールの自己承認禁止など管理者向け機能が強化された。

価格は、30ユーザーで90万3000円から。同社では、新製品投入により2012年3月末までに300社の新規導入を目指す。

(Security NEXT - 2011/06/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
マカフィー、子どものスマホ見守りサービスを年内開始
キヤノンITS、フィルタリングソフトに新版 - マルウェア通信の検知機能など追加
ワイプなど基本機能無料のフィンランド製MDM
ALSI、夏休み限定でフィリタリングソフトを無償提供
IIJグローバル、海外拠点向けセキュリティ運用管理サービス
キヤノンMJ、サイバー保険付きUTMを提供するサービス
NTT東、不正通信の監視や復旧を支援する中小企業向けサービス