Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

国内スパム、「オークション」「融資」「ギャンブル」関連が急増

G Data Softwareによれば、年初より減少傾向にあった国内向けのスパムが、3月以降再び増加しているという。特に6月に入って「オークション」「融資」「ギャンブル」に関連したスパムに注意が必要となっている。

110620gd.jpg
2010年11月から2011年6月までの推移(グラフ:G Data)

同社によれば、2010年11月中旬から2011年6月までの半年に見られた日本語スパムの傾向としては、「出会い系」や「バイアグラ」の上位2種に大きな変化はなく、それぞれ34.9%、21.9%を占めた。また5月に急増した「アダルトDVD」も11.3%に達して、3位に入っている。

一方ここ数カ月間、比較的流通が少なかった「融資」「ギャンブル」「オークション」の増加が目立っており、期間中におけるランキングの4位から6位に入っている。

同社は、スパムの多くが金銭や性的な内容に関係していると指摘、個人情報の窃取や詐欺、マルウェアへの感染など危険が伴うとしてスパム対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/06/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2019年下半期は1953万件の違反投稿に対応 - LINE
2019年の不正アクセス届出は89件 - 56件で被害
半年でSNS投稿1799万件を非表示に、45%がスパム - LINE
インシデント調査の26%がランサム被害 - 詳細調査で3割強よりAPT痕跡
2018年はランサム活動が縮小 - RaaSの「GandCrab」に活発な動き
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
企業3割、標的型攻撃メールを受信 - 17%がマルウェア感染
減少傾向続く新種マルウェア、1カ月あたり4000万件割り込む - 1年間で半数以下に
マルウェア亜種の減少傾向続く - マルウェアメールの割合は上昇