Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスプリング、「AXIOLE」に「Shibboleth」システム向けオプション

ネットスプリングは、同社製品を、全国の大学等と国立情報学研究所(NII)が連携して運用を開始している「学術認証フェデレーション(GakuNin)」の相互認証連携システム「Shibboleth」へ対応させると発表した。

AXIOLE
「AXIOLE IdPオプション機能」により「GakuNin」への参加を実現

同社製LDAPベースの認証アプライアンスサーバ「AXIOLE」のファームウエア向けに「Shibboleth」の「IdP(Identity Provider)機能」をオプションとして提供するもの。

「AXIOLE」のユーザーは、同オプションを利用することにより、学術分野の異なる組織間のウェブアプリにおいて認証連携が可能となり、シングルサインオンが可能になる。

対応時期は、2011年第4四半期で、AXIOLE次期のバージョンとなる「同1.10」と同時に提供を開始する予定。価格は105万円。

(Security NEXT - 2011/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ブロックチェーンを活用したIoT機器のプロビジョニングシステム
イオン銀、指紋と静脈認証による本人認証をスタート - カードや暗証番号不要
過去のログイン情報でなりすましを防ぐ「リスクベース認証」の新版 - Capy
NEC、「Box連携ソリューション」5種を開発 - SSOや個人情報検索など
NECとCEC、基幹系システムに対応した認証印刷ソリューション
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
三菱電機とグローリー、ネットカメラを用いた顔認証システムで協業
STM、セキュリティモジュールを実装した車載用プロセッサ
ITとFAのシームレスな連携目指す「Edgecrossコンソーシアム」が設立
NEC、歩きながら顔認証を可能にする入退管理ソリューション