Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ネットスプリング、「AXIOLE」に「Shibboleth」システム向けオプション

ネットスプリングは、同社製品を、全国の大学等と国立情報学研究所(NII)が連携して運用を開始している「学術認証フェデレーション(GakuNin)」の相互認証連携システム「Shibboleth」へ対応させると発表した。

AXIOLE
「AXIOLE IdPオプション機能」により「GakuNin」への参加を実現

同社製LDAPベースの認証アプライアンスサーバ「AXIOLE」のファームウエア向けに「Shibboleth」の「IdP(Identity Provider)機能」をオプションとして提供するもの。

「AXIOLE」のユーザーは、同オプションを利用することにより、学術分野の異なる組織間のウェブアプリにおいて認証連携が可能となり、シングルサインオンが可能になる。

対応時期は、2011年第4四半期で、AXIOLE次期のバージョンとなる「同1.10」と同時に提供を開始する予定。価格は105万円。

(Security NEXT - 2011/06/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「FFRI yarai 3.2」がリリース - 検知エンジンや管理コンソールを強化
「顔」と「手のひら」による手ぶら決済技術 - 日立とKDDI
スマホアプリとマイナンバーカードによる本人確認サービス - 凸版印刷
DNPとNEC、生体認証分野で協業 - 顔認証の本人確認アプリ
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
米中間選挙にあわせコンシューマー向け製品を無償提供 - Cylance
シェアリングエコノミー向け本人認証サービス - イー・ガーディアン
国家試験「iパス」、セキュリティ分野の項目を拡充 - 2019年度試験から
CSAJ、データ消去証明書の発行事業を開始 - 対応ソフトやサービス事業者を募集
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応