Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Android市場のセキュリティ対策ソフトシェアでトップ3を目指す - エフセキュア桜田氏

エフセキュアは、Android向けセキュリティ対策ソフトの提供を開始した。同社は記者会見で、多面的な販売戦略を明らかにし、今後の目標などを発表した。

同社のAndroid向け製品は、ウイルス対策や紛失時の情報漏洩対策、ペアレンタルコントロールなどを備えており、同社では手はじめに個人向け製品「エフセキュアモバイルセキュリティ for Android」を発売。法人向け製品やサービス事業者向け製品についても展開していく。

同社代表である桜田仁隆氏は、Android搭載端末について「端末を入手した時点からパソコンと同じ脅威にさらされる」と指摘し、セキュリティ対策の重要性を強調。約3割を占めるスマートフォン以外のAndroid端末も視野に製品を投入していくと述べた。

具体的な販売戦略としては、個人向け製品を、同社オンラインサイトやパートナーサイト経由で販売するほか、機能を限定した無償版を用意し、利用者の拡大を図る。

またキャリア向けにオプションによる提供や端末への組み込み製品として提案するほか、カーナビをはじめ、携帯電話以外のAndroid端末への組み込み需要を狙う。

さらに法人向けソリューションベンダーや携帯ショップとの連携など、多面的に展開するとしており、国内Android市場において上位3社を目指すという。

110512fs.jpg
エフセキュア代表の桜田仁隆氏

(Security NEXT - 2011/05/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ルータ改ざん攻撃の誘導先不正アプリが進化 - iOS狙うフィッシング機能も
Intel Crosswalk Projectに脆弱性 - 不正証明書を許可すると以降検証せず
IIJのOTPアプリに認証回避の脆弱性 - Android版のみ影響
セキュリティ機能を回避する「GLitch」攻撃が明らかに - 一部スマホでPoCが動作
【特別企画】スマート家電のセキュリティ実情と課題、専門家が講演
「情報セキュリティハンドブックアプリ」にiOS版 - GWのトラブル回避に活用を
2018年1Qの脆弱性登録は3113件 - Linux関連が上位に
【特別企画】改訂重ねる「Androidセキュアコーディングガイド」、最新版のポイントをキーマンが解説
国内のMirai亜種感染機器からの通信が3月に増加 - 背景に「akuma」
ルータ改ざんで誘導された不正アプリ、狙いは「韓国」か - 2要素認証コードを詐取する機能も