Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、長期休暇にあたりシステム管理者へセキュリティ対策を呼びかけ - ウェブ改ざんやデータ持出に注意を

ゴールデンウィークを目前に控え、長期休暇を迎える組織が多いとして、情報処理推進機構(IPA)が、システム管理者などへ休暇中のセキュリティ対策を呼びかけている。

期間中にシステム管理者が長期間にわたり不在になるケースがあることから、対策を呼びかけたもの。

ウェブサイトが改ざんされた場合など、通常以上に被害が拡大する可能性がある点を指摘。期間中はDoS攻撃についても警戒する必要があり、不測の事態に備えて連絡体制や対応手順の確認をあらためて実施するよう求めた。

また最新ソフトへのアップデートや、サーバにおいて不要なサービスを停止させたり、パソコンの電源を切ることを推奨。データの持ち出しにあたり、暗号化などルールを明確化した上で従業員に徹底するなど、情報漏洩対策の実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/04/27 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
GW目前、セキュリティ対策や対応体制の再確認を - 脆弱性公開にも要注意
年末年始の長期休暇に備えて事前対策を - ランサムウェアにも注意を
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
年末年始のグリーティングカードに注意 - IPA
10日間以上の長期休暇の企業も - GW前にセキュリティ対策の確認を
12月修正の「Flash Player」脆弱性が攻撃対象に - 確実にアップデートを
年末年始の長期休暇に向けて事前対策を
長期休暇の前後に十分なセキュリティ対策を - IPAが注意呼びかけ
7月のフィッシング報告数は614件 - 前月比120件増