Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユニアデックス、SaaS型メール暗号化サービスを提供

ユニアデックスは、送信メールを強制的に暗号化する「メール暗号化サービス」を提供開始した。

同サービスは、メールの本文と添付ファイルを送信時に暗号化し、別途パスワードを送付するもの。同社SaaS型メールサービス「スパークメール」、およびウイルスチェックサービス「メール安心ゲートウェイ・サービス」のオプションとして提供する。

暗号化のルールを宛先ごとに設定できるほか、復号後のファイル形式の設定や添付ファイルの二重拡張子抑止などの機能を搭載している。パスワードは固定と自動生成から選択できる。

2種類の暗号化方式を用意。ZIPファイルによる暗号化を行う標準タイプの月額利用料は、1IDあたり126円。「Camellia方式」の場合は178円。

(Security NEXT - 2011/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ファイルの不正利用防止ソフトの新版 - ティエスエスリンク
MacやLinuxにも対応したテレワーク端末のセキュ診断サービス
認証情報の一元管理に対応した指紋認証ソフト - ラトックシステム
ゲートウェイに新モデル、OSも強化 - Check Point
RaaSで拡散するランサムウェア「Paradise」に復号化ツール
ランサム「STOP Djvu」に復号ツール - サイドチャネル攻撃で解析
ランサム「HildaCrypt」に復号ツール - 開発者が復号キーを提供
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
B2C事業者向けIDアクセス管理ソリューションに新版 - GDPRに対応
ランサム「Yatron」「FortuneCrypt」の復号化ツールが公開