Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユニアデックス、SaaS型メール暗号化サービスを提供

ユニアデックスは、送信メールを強制的に暗号化する「メール暗号化サービス」を提供開始した。

同サービスは、メールの本文と添付ファイルを送信時に暗号化し、別途パスワードを送付するもの。同社SaaS型メールサービス「スパークメール」、およびウイルスチェックサービス「メール安心ゲートウェイ・サービス」のオプションとして提供する。

暗号化のルールを宛先ごとに設定できるほか、復号後のファイル形式の設定や添付ファイルの二重拡張子抑止などの機能を搭載している。パスワードは固定と自動生成から選択できる。

2種類の暗号化方式を用意。ZIPファイルによる暗号化を行う標準タイプの月額利用料は、1IDあたり126円。「Camellia方式」の場合は178円。

(Security NEXT - 2011/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
日立、ランダムノイズで解読防ぐあらたな暗号通信技術を開発
暗号化ポータブルHDD、遠隔削除にもオプション対応 - ハギワラS
DNPとNTTコム、IoT機器向けに耐タンパ性備えたセキュリティSIM
チェックポイント、クラウド向けに「CloudGuard」 - SaaSのアカウント乗っ取り対策など提供
ラックとTRIART、ブロックチェーン応用した分散暗号化技術の開発で協業
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス
カスペ、スマホ向けにWi-Fi通信を保護するVPN製品