Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ユニアデックス、SaaS型メール暗号化サービスを提供

ユニアデックスは、送信メールを強制的に暗号化する「メール暗号化サービス」を提供開始した。

同サービスは、メールの本文と添付ファイルを送信時に暗号化し、別途パスワードを送付するもの。同社SaaS型メールサービス「スパークメール」、およびウイルスチェックサービス「メール安心ゲートウェイ・サービス」のオプションとして提供する。

暗号化のルールを宛先ごとに設定できるほか、復号後のファイル形式の設定や添付ファイルの二重拡張子抑止などの機能を搭載している。パスワードは固定と自動生成から選択できる。

2種類の暗号化方式を用意。ZIPファイルによる暗号化を行う標準タイプの月額利用料は、1IDあたり126円。「Camellia方式」の場合は178円。

(Security NEXT - 2011/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「TLS 1.3」サポートした「OpenSSL 1.1.1」がリリース - 「同1.0.2」は2019年末にサポート終了
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
点在ファイルサーバの一元管理ソフト - NEC
ソフォス、個人向けに「Sophos Home日本語版」を無償提供 - WindowsとMac対応
カスペ、Windows Server向け製品に新版 - 不正サイトをブロックする新機能
被暗号化ファイルの監視で被害を防ぐランサム対策ソフト - 他対策ソフトと併用も可
F5、ボットやDDoSへの対策備えたWAF - オプションでPWリスト攻撃にも対応
カスペ、法人向けエンドポイント製品に新版 - 共有フォルダの暗号化防止機能など追加
ALSI、シンプルに利用できるファイル暗号化製品
デジタルアーツ、ブラウザ閲覧に対応した「FinalCode 5.4」をリリース