Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

IPA、脆弱性対策情報データベースに統計機能を追加

情報処理推進機構(IPA)は、脆弱性対策情報のデータベースサービス「JVN iPedia」を機能強化した。

「JVN iPedia」は、国内開発者による公開情報をはじめ、脆弱性情報ポータルサイト「JVN」や米国国立標準技術研究所(NIST)の「NVD」による情報など、ソフトウェアの脆弱性情報を収録しているデータベース。同機構が2007年4月より公開している。

今回の機能強化により、脆弱性について「期間別」「ベンダ別」「製品別」など統計情報をグラフとして出力する機能を追加。また検索機能やインタフェースなど、ユーザビリティを向上させた。

また新着機能を表示できる「Flashツール」をあらたに用意。同ツールを利用することにより、ウェブサイト上へ最新情報を表示できるようになった。

(Security NEXT - 2011/04/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「セキュリティ・キャンプ全国大会2019」の参加者募集がスタート
2019年1Qはインシデントが増加 - 「スキャン」「マルウェアサイト」など
セキュリティ情報共有のポイントを整理した資料に改訂版 - ISOG-J
「情報セキュリティサービス基準適合サービス」が100件を突破
IPA、早期警戒パートナーシップガイドラインの改訂案 - 脆弱性取扱を法的側面から整理
特定ルーター狙う攻撃が8割以上 - 「ThinkPHP」も標的に
ECサイトシステムの堅牢化競技会 - 7月に初の北海道開催
2018年はDDoS攻撃26%増、「じゅうたん爆撃DDoS攻撃」など巧妙化
NEC、社内SE向けにセキュリティ演習拠点を新設 - 仮想マシン130台が稼働
警察庁、年間6740件の標的型攻撃を把握 - 9割は「ばらまき型」