Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとSiemens、制御システムのセキュリティ対策で提携

米McAfeeと独Siemensは、重要インフラなどで利用される制御システムのセキュリティ対策で提携したと発表した。

今回の提携により、ホワイトリストにより動作するアプリケーションを許可する「McAfee Application Control」と、Siemensの産業オートメーション事業部が提供するアプリケーション制御ソリューションとの相互運用性を認定した。「Stuxnet」のターゲットになった「Simatic WINCC SCADAシステム」も含まれる。

制御システムは、独自OSを利用したり、ネットワークから隔離されるなど、従来、一般的なセキュリティと別の分野として語られることが多くなかったが、「Stuxnet」で攻撃対象となったことから注目を集めており、McAfeeでは今回の提携について、「制御システムとITセキュリティの統合を象徴する初めての提携」としている。

(Security NEXT - 2011/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

オムロンとシスコ - 制御装置のセキュリティ分野で技術提携
SOMPO HD、セキュリティ事業に参入 - 対策などワンストップで提供
サイバートラスト、「セキュアIoTプラットフォーム」事業を強化 - ラックとの資本提携も
約4割の組織で重大被害 - 売上機会損失など含む平均被害額は2.3億円
NHNテコラス、セキュリティ人材の育成サービスを開始 - 制御システムのトレーニングプログラムも
ローン申込者の審査情報を誤って同意なく保証会社へ送信 - イオン銀
メールサーバへの不正アクセス、原因わからず - 優良住宅ローン
昭和シェル石油、約20年前のクレカ会員情報が漏洩する可能性を公表
VプリカへのBitcoin交換サービス - 対応取引所を拡大
イー・ガーディアン、VRコンテンツ向けにセキュリティ対策サービスなど計画