Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

McAfeeとSiemens、制御システムのセキュリティ対策で提携

米McAfeeと独Siemensは、重要インフラなどで利用される制御システムのセキュリティ対策で提携したと発表した。

今回の提携により、ホワイトリストにより動作するアプリケーションを許可する「McAfee Application Control」と、Siemensの産業オートメーション事業部が提供するアプリケーション制御ソリューションとの相互運用性を認定した。「Stuxnet」のターゲットになった「Simatic WINCC SCADAシステム」も含まれる。

制御システムは、独自OSを利用したり、ネットワークから隔離されるなど、従来、一般的なセキュリティと別の分野として語られることが多くなかったが、「Stuxnet」で攻撃対象となったことから注目を集めており、McAfeeでは今回の提携について、「制御システムとITセキュリティの統合を象徴する初めての提携」としている。

(Security NEXT - 2011/04/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

リコーとシスコが提携 - オフィス機器のセキュアな接続などで
テリロジー、イスラエル投資会社と提携 - 現地ベンチャーとの関係強化
顧客情報を一時紛失、外部店舗で発見 - 京都の冠婚葬祭事業者
ソフトクリエイト、ID管理ツール「LDAP Manager」をクラウド展開
海事産業のセキュリティで協業 - 日本海事協会とテュフラインランド
NTTグループのCISSPホルダー増員目指し(ISC)2と提携 - NTT-AT
テックビューロ、「Zaif」をフィスコ仮想通貨取引所に事業譲渡 - 譲渡後は解散へ
トレンドとMoxa、産業用IoTのセキュリティソリューションで協業
仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセス、約67億円が被害 - 原因は公表せず
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も