Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ギフト申込票の誤印字で顧客情報1万2000件が流出 - イオン

イオンがカスミの顧客向けに作成したギフトの申込書に、誤って本人とは別の顧客の個人情報が印刷されていたことがわかった。

個人情報が流出する原因となったのは、3月11日にカスミの顧客向けに送付した「イオンの母の日・父の日ギフト」の申込票。カスミ115店舗でギフト発送を申し込んだ顧客およびその届け先1万2068人分の個人情報が流出した。

申込票は3枚綴りになっており、本来ならば3枚すべてに同じ依頼主や届け先が印刷されるが、異なる顧客の情報が記載された2枚目と3枚目を誤って綴ってしまったという。

イオンでは、監督官庁へ事態を報告した。また対象となる顧客に説明や謝罪を行うとともに、新しい申込書を送付するなどの対応を進めている。

(Security NEXT - 2011/03/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

宛名印刷時の操作ミスで個人情報を誤送信 - JNSA
豊洲市場見学会で個人名含むメールを参加者に誤送信
子会社の元従業員が顧客情報を持ち出し、すでに回収済み - DMG森精機
患者情報含む書類を帰宅途中に紛失 - 名古屋大病院
誤って持ち帰った患者情報が所在不明に - 横浜市立大付属医療センター
メルマガ誤送信で顧客の個人情報が流出 - テクノル
約2000人分のマイナンバーを誤通知 - 表計算ソフトの操作ミスで
印刷通販サイトでクレカなど個人情報が流出か - 「セキュリティコード」や「質問と回答」なども
組織間の配送過程で介護保険関連資料が所在不明に - 大阪市
一部無関係の住所を誤記載したハガキを発送 - 味の素