Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル共有ソフト関連ウイルスが3種ランクイン - トレンド月間レポート

トレンドマイクロは、1月の不正プログラム検出状況を取りまとめた。

従来同社では、寄せられた報告をもとにランキングを取りまとめていたが、今回からクラウド型セキュリティ基盤「Trend Micro Smart Protection Network」のフィードバックを集計したものを発表している。

同社レポートによると、国内ランキングのトップは著作権保護技術「CPRM」の制御を不正に解除するクラッキングツール「CRCK_GETCPRM」で、検出数は5573件だった。

日本国内の検出が全世界の9割弱を占めているが、これは著作権保護技術の採用が、他国に比べて広がっているためと同社では分析している。

(Security NEXT - 2011/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に