Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

減少傾向続くボット検知数 - 対策ソフトで検知できない「未知検体数」は微増

サイバークリーンセンター(CCC)は、9月のボット検知状況を取りまとめた。サポート終了OSの利用者が、依然として確認されている。

同センターによれば、9月におけるボットの状況は、引き続き減少傾向で、ボット収集総数は8月の12万8162件から減少して11万2402件だった。

重複を除く同定検体数についても9万2217件と、前月の10万7623件を下回った。一方、セキュリティ対策ソフトで検知できない未知検体数は、231件とわずかながらも増加している。

マルウェア検体の収集を目的としたハニーポットおよび攻撃元IPアドレスの記録を目的としたハニーポット両方とも、9月中旬から国内の収集数が下降。RPCの脆弱性「MS03-026」を悪用し、「WORM_RBOT.SMA」をダウンロードさせる攻撃が縮小したのが原因だという。

(Security NEXT - 2010/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

国内ネット利用者の214人に1人がボット感染 - 世界で203位
マルウェア感染メールの割合が5カ月連続で上昇 - 「Necurs」復活が影響か
家庭向けIoT機器への攻撃、1日あたり1.9万IPアドレスから
5月はウェブ経由の攻撃が増加 - 新ランサム「Jaff」の拡散も
2016年は新種ランサムが88%増 - ただし2016年4Qは7割減
3月にウェブ経由の攻撃が増加、前月の1.5倍に - 「Necurs」復活でスパム増加の兆し
2月はマルウェアが急増、前月の3倍に - 「Kovter」が活発化
マルウェアメールが大幅減、「Necurs」停滞が影響か - 新種マルウェアは3290万件
2016年4QのDDoS攻撃は16%減 - 100Gbps超は12件
「2323番ポート」や「7547番ポート」へのパケットが増加 - JPCERT/CCが観測