Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

HTTPS通信の脅威遮断、前年比3.1倍に - 約9割がマルウェア

米Zscalerは、同社サービスにおいてHTTPS通信における脅威の検知動向を取りまとめた。前年の3倍以上に増加しており、9割以上をマルウェアが占めている。

1日あたり1900億件以上のトランザクションを分析している同社クラウドプラットフォームにおいて、脅威の検知動向を取りまとめたもの。2021年1月から9月までの9カ月間にHTTPSを介した通信において約207億件以上の脅威を検知、ブロックした。66億だった2020年の約3.1倍へと急増している。

200以上の国と地域で検出しており、内訳を見るとヨーロッパ地域(約72億件)、アジア太平洋地域(約49億件)、北米(約28億件)で7割を占めている。業界別に見ると「テクノロジー」が50%と半数にのぼり、「製造」「小売卸売」「金融、保険」がいずれも11%だった。「ヘルスケア」「サービス」がそれぞれ6%で続く。

前年との比較では、「ヘルスケア」が27%減。「行政機関」が10%減となる一方、「テクノロジー」が2344%増、「小売卸売」においても841%増と大幅な増加を記録した。

これらには及ばないものの「製造(93%増)」「金融、保険(81%増)」「サービス(56%増)」なども前年を大きく上回っている。

20211108_zs_001.jpg
業界ごとのブロック件数増加率(グラフ:Zscaler)

(Security NEXT - 2021/11/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高速処理が可能な暗号アルゴリズムを開発 - KDDI総研と兵庫県立大
「RDP」に対するブルートフォース攻撃が倍増 - ESETレポート
2021年3Qの情報提供は346件、標的型攻撃は3件 - J-CSIP
2020年のフィッシング、3分の2が「HTTPS」対応 - 12月には半数超に
悪意あるファイル5%増、URLは6割減 - カスペ調査
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
政府、脱「暗号化zipファイル」検討へ - 意見募集で最多支持
国内主要企業の約8割、「DMARC」未導入 - 「Reject」ポリシーの活用わずか
大量スパム配信から「Emotet」に攻撃トレンドがシフト - OS非標準のzip暗号化で検知回避か
2020年2Q、67%のマルウェア亜種が定義ファイルを回避