Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

新Gumbler型攻撃の詳細明らかに - JPCERT/CCは関係者に調査依頼

10月に入り、正規サイト経由で感染するあらたなGumbler型攻撃が確認されている問題で、セキュリティベンダー各社は調査状況をアナウンスし、注意を呼びかけている。

感染の原因となったのは、ウェブサイトなどが利用している一部アクセス解析サービスと見られており、解析サービスを利用する正規サイトを通じて感染が広がった。JPCERTコーディネーションセンターでは注意喚起を行うとともに、改ざんされたアクセス解析サービスを提供する事業者へ調査を依頼している。

日本IBMの東京SOCによれば、感染したマルウェアのファイル「mstmp」が外部サーバと大量の通信を行っていていることを9月29日ごろ検知。不正ファイルのダウンロードがピークを迎えたのは12日で、200件以上が検知された。19日以降はピーク時より大きく減少したという。

感染状況については、すでにトレンドマイクロが100社以上から感染報告を受けていることについて公表しているが、緊急対応サービスを展開するラックに対しても複数の相談が寄せられている。

(Security NEXT - 2010/10/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正アクセスで停止していた関連サイト、3カ月ぶりに再開 - 府中市
セキュリティ対策の注意喚起メールが実はマルウェアメール - 実在するアナウンスを盗用
P2P監視システム上のマルウェア保管でベンダーのアナリストが逮捕
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害