Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MS、9件の月例セキュリティパッチを公開 - ゼロデイ脆弱性にも対応

マイクロソフトは、9月の月例セキュリティ更新プログラムを提供開始した。予告どおり深刻度「緊急」が4件、「重要」5件の9件を公開し、「Windows」関連が10件、「Office」が「Windows」との重複1件を含む2件、あわせて11件の脆弱性に対応した。ウイルスによるゼロデイが発生している脆弱性も解消されている。

深刻度が「緊急」と設定されている「MS10-061」は、印刷スプーラの脆弱性1件を解消するプログラム。細工を施された印刷ジョブが送信されるなど攻撃を受けた場合、リモートでコードが実行されるおそれがある。

なかでも「Windows XP」では、ゲストアカウントが有効になっており、リモートでコードが実行される可能性があることから緊急性が高いと同社では説明。すでに脆弱性が公開されており、Windowsシェルの脆弱性を攻撃する「Stuxnet」の亜種で悪用が確認されているという。

同様に「緊急」の「MS10-062」は、「MPEG-4コーデック」における問題を解消するプログラム。細工されたファイルを開いたり、ストリーミングを開いた場合にコードを実行されるおそれがある。「Windows 7」についてはコーデック方法を変更しており、影響を受けない。

(Security NEXT - 2010/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「baserCMS」に7件の脆弱性 - リモートより悪用のおそれ
「BIND 9.12」にリモートから攻撃可能な脆弱性が2件 - アップデートがリリース
管理甘い「Cisco Smart Install Client」の探索行為が増加 - 警察庁が注意喚起
攻撃狙う「Cisco Smart Install」は「デフォルトで有効」 - IOS利用者は注意を
「Nessus」にXSSやセッション固定など2件の脆弱性
GDPR対応で「WordPress」がアップデート - プライバシー保護機能を強化
「OneDrive」「Skype」などMS製複数アプリに脆弱性 - 修正は次期バージョン以降
「Cisco DNA Center」に複数の深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
Adobe、「Acrobat/Reader」におけるPoC公開の脆弱性について訂正
RHELのDHCPクライアントに深刻な脆弱性 - root権限取得のおそれ