Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

バッファローのモバイルルータにウイルスが混入 - NTT東の「光ポータブル」も

バッファローのモバイルWi-Fiルータ「DWR-PG」にウイルスが混入したことを明らかになった。また同社よりOEM供給を受けているNTT東日本においても「光ポータブル」の一部へ混入したことが判明している。

混入したウイルスは、オートラン機能を悪用してリムーバブルメディア経由で感染するウイルス「WORM_AUTORUN.EIK」。セキュリティベンダーによっては呼称が異なり、「W32/Conficker.worm!inf」「Trojan.Autorun.AEX」と呼ばれるケースもある。

OEMとして供給されているNTT東日本のモバイルWi-Fiルータ「光ポータブル」にもウイルスが混入している。影響を受けるのは、「光ポータブル タイプA(SIMロック版) PWR-100D」や「光ポータブル タイプB(SIMフリー版) PWR-100F」で、そのうち2010年8月3日から9月10日までの発送された約160台に混入のおそれがあるという。

いずれも無線LANのみで接続している場合に感染のおそれはないが、USB経由で接続した場合、ウイルスへ感染する可能性がある。感染した場合は、ゲーム用のアカウントなどを窃取されるおそれがある。

(Security NEXT - 2010/09/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

【訂正あり】無線LANの「WPA2」で盗聴や改ざん可能となる「KRACK」 - 多数機器に影響
盆休み「6日以上」が35%、長期休暇に備えセキュリティ対策を
損ジャ日興、ネット炎上時の対応費用を補償する損害保険
学校が提出した個人情報含む書類を紛失 - 横浜市
印影など含む伝票約2.2万件が所在不明 - JA札幌
PHP起因の「Joomla!」脆弱性で改ざん被害 - JPCERT/CCが注意喚起
長期休暇に備えてセキュリティ対策を - 「山の日」前日のパッチ公開にも注意
顧客情報記載の帳票が所在不明 - JAおおふなと
2支店で顧客情報記載の伝票紛失が判明 - 東京東信金
7店舗で休眠口座の印鑑届4795件を紛失 - 佐賀銀