Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Adobe10製品に脆弱性、CVSS基本値が最高値も

Adobeは現地時間6月11日、10製品に関するセキュリティアドバイザリを公開した。脆弱性を修正するアップデートを提供している。

各社が定例のセキュリティアップデートを公開する米時間毎月第2火曜日、いわゆる「パッチチューズデー」にあわせてアドバイザリ10件をリリースしたもの。

「Adobe FrameMaker Publishing Server」「Adobe Commerce」「Adobe Experience Manager」「Adobe Creative Cloud Desktop」「Adobe Photoshop」「Adobe Substance 3D Stager」の6製品については、重要度が3段階中もっとも高い「クリティカル(Critical)」とされる脆弱性に対処している。

なかでも「Adobe FrameMaker Publishing Server」では、共通脆弱性評価システム「CVSSv3.1」のベーススコアが最高値の「10.0」とされる認証不備の脆弱性「CVE-2024-30299」を修正。さらにCVSS基本値が「9.8」である情報漏洩の脆弱性「CVE-2024-30300」に対応している。

「Adobe Commerce」についても、CVSS基本値が「9.8」であるXML外部実体参照(XXE)の脆弱性「CVE-2024-34102」を修正。CVSS基本値が「9.1」である入力検証不備の脆弱性「CVE-2024-34108」などあわせて10件の脆弱性に対応した。オープンソースである「Magento」も影響を受ける。

(Security NEXT - 2024/06/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消