Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一部製品にユーザー情報が混入、利用者へ展開 - チエル

文教分野にICT製品を提供するチエルは、顧客へ提供した製品に無関係のユーザー情報が混入していたことを明らかにした。

学校内のID管理サーバを統合し、ユーザー情報を一元管理できる学校向けシステム「ExtraConsole ID Manager」に、本来含まれるべきではないユーザー情報が存在し、無関係の利用者に展開していたことが明らかとなったもの。

同製品のユーザーである大学のシステム担当者2人が検証作業を行っていた際に、関係ない別のユーザーに関する個人情報が閲覧されたことが7月13日に判明した。

問題のデータには、学校名や管理コード、学年、学級、番号、氏名、生年月日、性別、出身校、転入出や進学先などの学校情報など2万3508件の個人情報にくわえ、氏名、メールアドレス、パスワード、ユーザーID、学籍番号、生年月日など7036件などが含まれる。

同社が保守目的で自社にプログラムを持ち出した際、システムに不具合があり、本来含まれべきでないユーザー組織の個人情報が混入。さらに開発担当者が異なる顧客へ展開するためのプログラムにそれらデータが含まれていた。

(Security NEXT - 2023/07/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高校の体験入学申込用フォームで設定ミス - 静岡県
ランサム被害、SIMカード搭載PCが攻撃起点か - ほくやく・竹山HD
イベント参加申込者への案内メールで誤送信 - 長居公園指定管理事業者
小学校で児童の名簿を綴ったファイルが所在不明 - 春日井市
通販サイトの会員情報含むHDDを第三者が入手 - バンナムグループ会社
「XenServer」「Citrix Hypervisor」に脆弱性 - アップデートをリリース
キューヘンのランサム被害、個人情報約37.4万件が流出か
Arubaのネットワーク管理製品「AirWave」に脆弱性
JetBrains製IDE向け「GitHubプラグイン」に脆弱性 - トークン漏洩のおそれ
「Apple Vision Pro」に最新OS - 脆弱性21件を解消