Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所

福岡県は、パスポートセンター久留米支所において、パスポート発給申請に関する書類を紛失したことを明らかにした。

同県によれば、1月25日に委託先の職員がパスポート発給申請に関する書類を保存しようとした際、戸籍謄本が見当たらないことが判明。その後、戸籍謄本以外の関係書類についても紛失していることが明らかとなった。

所在がわからなくなっているのは、パスポート発給申請2件分に関する書類。戸籍藤本や照会文書など。申請者や申請関係者10人の氏名、住所、電話番号、生年月日、性別、本籍地などが含まれる。

執務室に部外者は立ち入りはできず、持ち去られた可能性は低いと説明。職員が関係書類を所定の場所に保管せず、執務室内の共用スペースに置いたため、ほかの書類に混入して誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同センターでは、関係者へ経緯を説明し、謝罪した。紛失による影響などは確認されていない。

今回の問題を受けて文書の保管状況を確認するためのチェックリストを用意。業務終了後に委託先職員と支所職員で確認するほか、研修の実施や作業手順の徹底を図り、再発防止を図るとしている。

(Security NEXT - 2024/02/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

Palo Alto Networksの「PAN-OS」にゼロデイ脆弱性 - パッチを準備中
サポート詐欺で患者情報含むPCが遠隔操作できる状態に - 富田林病院
イベント申込フォームで設定ミス、個人情報が閲覧可能に - 会津若松市
学校で個人情報含む入学関係書類を誤廃棄 - 横須賀市
人材育成プログラム「SecHack365」が応募受付をまもなく開始
フィッシングURLが前月比約84%増 - 使い捨てURLを悪用
【特別企画】経営戦略に資するセキュリティを学ぶ「情報システムCAMP2024」が4月18日開催
工場スマート化のリスクや対策を解説したガイドライン別冊資料
セキュリティ学ぶ学生、同分野への就職希望は約7割 - JNSA調査
Fortinet、アドバイザリ13件を公開 - 複数製品の脆弱性を修正