Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

一斉配信メールのヘッダ内に無関係メアド、不具合で - 日本心理学会

日本心理学会は、会員やイベント参加者などに一斉配信した一部メールにおいて、無関係のメールアドレスが混入する不具合が発生したことを明らかにした。

同学会によれば、11月1日から12月1日にかけてメール配信システムより送信した一部配信メールのヘッダ内に会員のメールアドレスが数件から数十件混入する不具合が発生した。

12月1日に受信者から指摘があり判明。メール配信システムの管理を委託している事業者に問い合わせたところ、11月1日に実施したシステム変更の不具合が原因となり、発生したことがわかった。

12月1日にシステムを修正。メールアドレスが漏洩した可能性のある一斉配信メールは20件あり、同学会では対象となるメールの件名リストを案内し、受信していた場合は、ヘッダを確認せずに削除するよう求めている。

(Security NEXT - 2023/12/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

公立保育園のUSBメモリ、車上荒らしで盗難 - 福井市
Ivanti、「外部整合性チェックツールICT」の機能強化版を公開
Ivanti製品の侵害、以前のツールでは検証回避のおそれ
ランサムウェア「ALPHV」、医療分野中心に被害拡大
米司法省、ランサム「ALPHV」関連の複数サイトを押収 - 復号ツールも
「Microsoft Streaming Service」の脆弱性に対する攻撃に注意
GMO、Flatt Securityを傘下に - 株式66.6%を取得
個人情報含む書類を複数の関係機関へ誤送付 - 茨城県
「Trend Micro」の複数製品に脆弱性 - アップデートで修正
Progress Softwareの「OpenEdge」に認証バイパスの脆弱性