Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ATMの取引情報が記録された記録媒体を紛失 - 杜の都信金

杜の都信用金庫は、現金自動預払機(ATM)の取引情報などが記録された光ディスクを紛失したことを明らかにした。誤って廃棄した可能性が高いとしている。

同金庫によれば、2023年12月15日に泉中央支店において書類整理作業を行っている際、所定の場所にCD-ROM1枚が保管されていないことが判明したという。

同メディアには、2020年1月11日から同年9月4日までに、泉中央支店内ATMにおける取引情報1万9679件が保存されていた。

取引先情報は5503件含まれており、氏名、電話番号、口座情報、取引金額、残高、防犯カメラの画像などが記録されている。データは暗号化されていた。

廃棄する書類に混入して、誤って廃棄した可能性が高いとしている。

(Security NEXT - 2024/03/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブサーバが迷惑メール送信の踏み台に - タカラベルモント
「JVN iPedia」登録、前四半期から4割減 - 累計20万件を突破
WP向けメールマーケティングプラグインにSQLi脆弱性
HashiCorpのGo言語向けライブラリ「go-getter」に脆弱性
「PAN-OS」脆弱性に対する攻撃が増加 - コマンドで悪用試行を確認可能
Cisco、セキュリティアドバイザリ3件を公開 - 一部でPoCが公開済み
「Chrome 124」が公開 - セキュリティ関連で23件の修正
水道メーター取替業務の一部伝票が所在不明に - 門真市
メアド記載のメールを複数団体に送信、メール再利用で - 佐賀県
「Firefox 125.0.1」をリリース、脆弱性15件を修正