Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

スパムに添付されたHTMLファイルに注意、不正サイトに誘導 - Dr.Webまとめ

ネットフォレストは、Doctor Webによる6月のウイルスおよびスパムの動向を取りまとめた。スパムメールに添付されたHTMLファイルに含まれる不正コード「JS.Redirector.based.3」がランキング5位に入るなど、スパムとウェブ型攻撃の連携が目立っている。

同社によれば、Windowsをロックして解除するための金銭を要求するWindowsブロッカーの被害は依然として続いているものの、5月の検出数94万件に対し6月は42万件と、減少に向かっている。

従来の有料SMSを利用した送金から、携帯電話の口座に送金させる亜種がブロッカー全体の3割を占めるなど、手口にも変化が見られたという。

6月には、SNSやウェブメールの利用を妨害するマルウェア「Trojan.Hosts」が確認された。アクセスしようとすると、ユーザーのアカウントがスパムを配布していたため停止され、復活させるには有料SMSを送る必要があると通知される。Windowsブロッカーと同じく、携帯電話の口座に送金させる亜種も出回っている。

(Security NEXT - 2010/07/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移