Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

12月から1カ月で380件以上のサイトが改ざん - Kasperskyが確認

ウェブサイトを改ざんし、不正サイトへ誘導する攻撃が引き続き発生しており、いまだ改ざん対策が不十分のサイトも存在しているとして、Kaspersky Labs Japanが注意を呼びかけた。

同社は、2009年10月に登場した「Gumblar亜種」に続き、12月21日に登場した「Pegel」が広がっていると説明。いずれも改ざんを行い不正サイトへ誘導するスクリプトで、脆弱性に対して攻撃し、感染するとFTPアカウントのアカウントの漏洩など発生する。

さらに「Pegel」は攻撃の際に「JRE」の脆弱性が悪用する点や、JavaScript内に特徴的なコメントの挿入、接続に8080ポートを利用しているなど異なる特徴を持つと同社は指摘。

またボット化や偽セキュリティ対策ソフトのインストール、スパムメールの送信など、従来に攻撃に加え、さらに幅広い攻撃を行い、同社の調べでは、2009年12月21日から2010年1月24日までに380件以上の感染サイトを確認したという。

被害については、マルウェアのダウンロードを行い多重感染を引き起こすため、感染した場合の対策としてOSの再インストールを推奨している。

(Security NEXT - 2010/02/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年間に被害に遭ったPCユーザーは約4割 - 平均被害額は5.3万円
不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に