Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

複数音楽配信サイトのトラブルに注意喚起 - 消費者庁「特定サービスに関する注意喚起ではない」

消費者庁は、複数の有料音楽配信サイトにおいて、利用者が心当たりのない利用代金の請求を受けるなどトラブルが多数しているとして、ユーザーに注意喚起を行った。

同庁によれば、2009年4月以降、消費者からの情報提供を受け付ける「消費者情報ダイヤル」および「PIO-NET」に対し、有料音楽配信サイトから心当たりのない利用代金の請求があったとする苦情が43件寄せられた。特に2009年秋ごろからの増加が目立っており、今年1月にも同様の相談が寄せられているという。

一部マスコミが「iTunes」の料金請求のトラブルについて報じているが、同庁によれば「複数の事業者に対する問い合わせが寄せられており、幅広く注意喚起を行ったもので、特定のサービスに対するものではない」としており、現段階で事業者名などは具体的に公表しない方針。

トラブルの事例としては、クレジットカードの利用履歴や請求書の明細を確認した際に気付くケースが多く、高額の代金が請求されたケースも報告されているという。同庁では、請求明細をよく確認し、不審な点がある場合にはカード会社やサイト運営会社に連絡するよう求めている。

また、有料サイトの会員になる場合、IDやパスワードを推測されにくいものに設定し、パスワードは定期的に変更するなど不正利用への対策を講じるよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

過去1年に1.5%がクレカの不正利用被害を経験 - 平均被害額は3万8733円
約3人に1人がマルウェアなどの被害を経験 - カスペまとめ
バックアップ製品「vSphere Data Protection」に深刻な脆弱性
ネット利用者の4人に1人は対策未実施 - 不安は「個人情報流出」約8割で最多
Zaif仮想通貨流出、トランザクション解析で発信元推定へ - 2日間のハッカソンで開発した監視システムで
ネットで盗難被害のクレカ情報、目立つ「不正トラベル」への悪用
眠れる「ハッカー」に活躍の場を、「日本ハッカー協会」が設立 - 法的トラブルの対策支援も
IPA、バグハンター向けに勉強会 - 発見や届け出のポイントなどを解説
セキュリティ啓発ポスターのコンテストを開催
中高生向けに「SNSトラブル回避術」、LINE相談窓口も - 東京都