Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Win32.Kido」がトップ3独占、ゲームユーザー狙うアドウェアにも注意を - Kaspersky調べ

Kaspersky Labs Japanは、2009年12月に同社の「Kaspersky Security Network(KSN)」が検知したマルウェアの状況を取りまとめた。

感染PCの台数別ランキングでは、上位5位が11月と同じになるなど、順位に大きな変動は見られなかった。1位は「Net-Worm.Win32.Kido.ir」で26万5622台と前月より減少。「Net-Worm.Win32.Kido.iq」が21万1101台、「Net-Worm.Win32.Kido.ih」が14万5364台と続くなど、別名「Conficker」でも知られる「Win32.Kido」がトップ3を占めた。

また上位20位であらたにランクインしたのは3種だが、そのうち6位に「not-a-virus:AdWare.Win32.GamezTar.a」が入っている。これはオンラインゲームにクイックアクセスできるツールバーに見せかけてインストールさせるアドウェアだという。

インストールされると広告を表示するほか、検索やコンテンツ表示などのアプリケーションをインストールする。これらの機能に対して小さく使用許諾契約書を掲載するのが特徴で、ソフトをダウンロードする際に注意するよう同社では呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/01/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移