Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年は不正サイトが7.6ポイント増、1日あたり2465件を検知 - 悪質ドメインの8割は改ざんサイト

メッセージラボジャパンは、2009年に検知したウイルスおよびスパムの状況についてレポートを取りまとめた。大規模ボットネットによる攻撃の巧妙化や、金融危機や新型インフルエンザの流行といった世界的なニュースに便乗した攻撃などが目立った1年だったという。

年次レポートによれば、マルウェアなど悪意あるコンテンツをホストしているサイトは、1日あたり2465件をあらたに検知しており、2008年の2290件から7.6ポイントの増加となった。また検知した異なる3万件のドメインのうち、80%は改ざんされた正規サイトで、残り20%が新規ドメインだった。

ウイルス感染メールの割合は0.35%で、2008年の0.70%から0.35ポイントの減少。ウイルス1種につき流通したメールの数は約5827通で、昨年の1万436通から大きく後退した。一方、亜種の数は昨年比23ポイント増となった。

スパムメールの割合は87.7%で、2008年の81.2%から6.5ポイントの上昇。月別に見ると、もっとも高かったのが5月の90.4%、低かったのが2月の73.3%だった。

世界で1日あたり平均1070億通のスパムが流通している計算で、そのうちの83.4%がウイルスに感染したコンピュータから配信されている。また、画像スパムの割合は28.2%だった。フィッシングメールの割合は0.31%で、2008年の0.41%から減少している。

(Security NEXT - 2009/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移