Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

2009年は不正サイトが7.6ポイント増、1日あたり2465件を検知 - 悪質ドメインの8割は改ざんサイト

メッセージラボジャパンは、2009年に検知したウイルスおよびスパムの状況についてレポートを取りまとめた。大規模ボットネットによる攻撃の巧妙化や、金融危機や新型インフルエンザの流行といった世界的なニュースに便乗した攻撃などが目立った1年だったという。

年次レポートによれば、マルウェアなど悪意あるコンテンツをホストしているサイトは、1日あたり2465件をあらたに検知しており、2008年の2290件から7.6ポイントの増加となった。また検知した異なる3万件のドメインのうち、80%は改ざんされた正規サイトで、残り20%が新規ドメインだった。

ウイルス感染メールの割合は0.35%で、2008年の0.70%から0.35ポイントの減少。ウイルス1種につき流通したメールの数は約5827通で、昨年の1万436通から大きく後退した。一方、亜種の数は昨年比23ポイント増となった。

スパムメールの割合は87.7%で、2008年の81.2%から6.5ポイントの上昇。月別に見ると、もっとも高かったのが5月の90.4%、低かったのが2月の73.3%だった。

世界で1日あたり平均1070億通のスパムが流通している計算で、そのうちの83.4%がウイルスに感染したコンピュータから配信されている。また、画像スパムの割合は28.2%だった。フィッシングメールの割合は0.31%で、2008年の0.41%から減少している。

(Security NEXT - 2009/12/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

標的型攻撃のレスキュー支援、2019年度は139件
人気エンタメ作品に危険サイトが便乗 - 「無料」で誘惑
国内モバイル端末狙う攻撃が活発化 - 背景に「Roaming Mantis」
大企業の17.8%、在宅勤務でセキュリティ上の問題が発生
コロナ禍影響で自組織のデジタル化加速、7割 - ITR調査
セキュ投資少ない企業、インシデント潜在化のリスク
4月の偽サイトURL件数、過去最多を更新 - 報告も1.1万件超に
約7割が通常出社、在宅対応できないケースも少なくなく
25.4%が新コロ対応でテレワーク - 企業規模で大きな差
テレワークの課題は社内体制と設備、セキュリティ - 都内企業