Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ハロウィンを悪用した偽セキュリティソフトの押し売り行為が増加 - ESETレポート

キヤノンITソリューションズは、ESETが10月にマルウェアの追跡システム「ThreatSense.Net」で観測したウイルス検知の状況について取りまとめた。

10月のマルウェアランキングでは、1位は前回と変わらず「Win32/Conficker」で、全体に占める割合も8.85%とほぼ同水準となった。2位以下のランキングにも大きな動きはなく、2位はリムーバブルメディアのオートラン機能を悪用して感染を広げる「INF/Autorun」、3位はオンラインゲームのアカウント情報を盗む「Win32/PSW.OnLineGames」だった。全体に占める割合は4位以下と大きく差をつけており、トップ3だけで全体の約4分の1を占める。

唯一目立った動きとしては、前回の46位から6位に急浮上した「Win32/FlyStudio」。ユーザーが入力した検索キーワードを改変し、特定の広告をブラウザ上で表示させようとする。中国国内で開発ツールとして広く利用されているスクリプト言語によるものだが、北米などでも検出されていることから、別のマルウェアで拡散している可能性もあるという。

また同社では、10月のハロウィンを悪用した攻撃の増加を検知している。以前よりグリーティングカードや動画を利用した攻撃のほか、SEOポイズニングによる偽セキュリティソフトの配布が急増するとして警告を発していた。

悪用された手口は、「SEOポイズニング」で、ハロウィン関連のキーワードが汚染され、検索した時に、偽セキュリティソフトへのリンクが上位に表示される、9月には9.11のテロ関連に関するキーワードを狙った同様の攻撃が増加していることから、イベントの増える年末にかけても注意が必要だといえる。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:Win32/Conficker
2位:INF/Autorun
3位:Win32/PSW.OnLineGames
4位:Win32/Agent
5位:INF/Conficker
6位:Win32/FlyStudio
7位:Win32/Qhost
8位:Win32/Pacex.Gen
9位:Win32/Autorun
10位:WMA/TrojanDownloader.GetCodec

(Security NEXT - 2009/11/19 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移