Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

検索結果がもっとも危険な芸能人はサトエリ - 男性は福山が3位に

マカフィーが実施した調査によれば、国内芸能人をインターネットで検索した場合、佐藤江梨子さんの検索結果が1番危険だという。

マカフィーが、インターネットサイトの安全性について調査を実施したもので、佐藤さんの氏名を単独で検索した場合はもちろん、「ダウンロード」「壁紙」「画像」「動画」といったキーワードと一緒に検索した場合、検索結果にスパイウェアやアドウェア、スパム、フィッシング、マルウェアなど含まれる割合が芸能人のなかでもっとも高かったという。

2位には、京野ことみさんと米倉涼子さんが入った。このほか上位には、グラビアやドラマ、CMなど話題性がある女性タレントがランクインしている。一方、上位に入った男性タレントは、福山雅治さんだけだった。同社がまとめたトップ10は以下のとおり。

インターネット検索で危険な日本の有名人

1位:佐藤江梨子
2位:京野ことみ
2位:米倉涼子
3位:相澤仁美
3位:井上和香
3位:沢尻エリカ
3位:福山雅治
3位:松浦亜弥
4位:新垣結衣
4位:上戸彩
4位:菅野美穂
4位:ほしのあき
4位:矢田亜希子

(Security NEXT - 2009/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
執拗な攻撃で組織へ侵入、感染するランサムウェア「SamSam」 - 被害は約590万ドルに
約5万台のMQTTサーバが公開状態 - 国内でも1012台が稼働
総務省、「Shodan」同等の調査システムを構築 - 国内IPアドレス6%が応答
検索可能なネット表層さまようアカウント情報約22億件 - 流出事故とも一致
ネット通販の中古ドライブ、50台中15台にデータ - 8台に企業情報らしきファイル
検索結果が危険な有名人 - CMでも歌声披露した「あの人」も
検索結果が危険な有名人は? - 日本でも人気上昇中の女性コメディアンがトップに
中古スマホの個人情報、半数以上から復元 - リセットしてもデータが残存するケースも
2割強の乳幼児、スマホの画面ロックを解除 - 有料課金50万円のケースも