Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

9月の攻撃のターゲットもリムーバブルメディアと脆弱性 - Kasperskyレポート

Kaspersky Labs Japanは、9月に同社ネットワーク「Kaspersky Security Network(KSN)」が検知したマルウェアなどの状況について取りまとめ、ランキングを発表した。

同社の感染PCの台数別ランキングによると、1位は前月と変わらず「Net-Worm.Win32.Kido.ih」。感染台数は4万1033台で2位の「Virus.Win32.Sality.aa(1万8027)」から2倍以上の差をつけたという。

リムーバブルメディアを介して拡散する亜種「Kido.ir」が4位へ新規にランクインしたほか、「Kido.jq」も10位に入るなど、依然として活発な状況が続いている。

今回のランキングに2つのあらたな亜種「Palevo.jdb」と「Palevo.jcn」が入ったほか、前月20位の「Palevo.jaj」も順位を6つ上げるなど、リムーバブルメディアを介して拡散するワーム「Palevo」の動きについても同社は警戒を強めている。

ウェブ経由でダウンロードされたマルウェアのランキングは、上位20種のうち8件が新規ランクインで3件が再登場など変化に富んだ状勢。前月からの傾向として、広く普及しているソフトウェアの脆弱性を悪用する攻撃の増加を同社は指摘している。

Adobe Readerの脆弱性を悪用するJavaスクリプトファイル「Exploit.JS.Pdfka」の2つの亜種が、4位と14位に新規ランクインしたほか、IEの脆弱性を悪用するエクスプロイトスクリプト「DirektShow」の亜種が2件ランキングに入っている。また20位にもOfficeを攻撃する新手「Exploit.JS.Sheat」が現れた。

マルウェアを配布しているサイトの国別ランキングでは、中国が前月と変わらず1位だった。全体に占める割合は31.3%で減少傾向にある。次いで米国が15.7%、ロシアが8.3%、インドが5.3%で順位に大きな変動はなかった。

感染PCの台数別ランキング

1位:Net-Worm.Win32.Kido.ih
2位:Virus.Win32.Sality.aa
3位:not-a-virus:AdWare.Win32.Boran.z
4位:Net-Worm.Win32.Kido.ir
5位:Trojan-Downloader.Win32.VB.eql
6位:Trojan.Win32.AutoIt.ci
7位:Virus.Win32.Induc.a
8位:Virus.Win32.Virut.ce
9位:P2P-Worm.Win32.Palevo.jdb
10位:Net-Worm.Win32.Kido.jq

ウェブページからのダウンロード回数別ランキング

1位:not-a-virus:AdWare.Win32.Boran.z
2位:Trojan.JS.Redirector.l
3位:Trojan-Downloader.HTML.IFrame.sz
4位:Exploit.JS.Pdfka.ti
5位:Trojan-Clicker.HTML.Agent.aq
6位:Trojan-Downloader.JS.Major.c
7位:Trojan-Downloader.JS.Gumblar.a
8位:Exploit.JS.ActiveX.as
9位:Trojan-Downloader.JS.LuckySploit.q
10位:Trojan-GameThief.Win32.Magania.biht

(Security NEXT - 2009/10/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

不正プログラム検出数が前期の4倍超 - 検出経路「メール」が急増
「ランサムウェア」関連の相談が大幅減 - 一方で被害も
4社に1社が個人端末を業務利用、4割がルールなし
「ランサムウェア」関連の相談が約6倍に - 67件で被害
ネットワーク経由のマルウェア検出が急上昇 - 「WannaCrypt」が影響
7%がSNSなどでアカウント乗っ取り被害を経験 - LINE利用者対象の調査で
2016年の個人情報漏洩インシデントは468件、平均想定賠償額は6.7億円 - JNSAまとめ
IPAへの年間相談は1.6万件弱、ランサム関連311件 - 復号で修理業者による高額請求も
発見から8年経過した「Conficker」検知数が急増 - 前四半期比67倍に
「ウイルス検出」とだます偽警告、相談件数が高水準で推移