Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

DNPら、クラウドへ暗号化したデータを分散保管するサービス

大日本印刷、デジタル・メディア総合研究所、SCMマイクロシステムズ・ジャパンの3社は、クラウドを利用したデータ保管サービスを12月より開始する。

DNPが開発したデータ保管システム「TranC’ertDNA」と、SCMマイクロシステムズのアプリケーション搭載USB型リーダライタ「@MAXXTMlite」を組み合わせたデータ保管ソリューション。クラウド導入ノウハウを持つデジタル・メディア総研が販売を行う。

「TranC’ertDNA」は、データを暗号化して複数クラウドに保存することが可能。分散技術により、データを保存した1台のサーバで障害が発生しても、他サーバのデータから復元できる。一方で1台のサーバ上にあるデータから復元は行えないため、漏洩リスクを下げることができる。

月額利用料は2万1000円から。別途初期費用が必要。サービス開始にあたり、9月14日よりトライアルの提供を開始する。

(Security NEXT - 2009/09/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

脅威の検知や対応を支援する「Infinity SOC」 - チェック・ポイント
マルチクラウドとセキュリティ対策の管理プラットフォーム - TIS
ログ監視やデバイス制御のクラウドサービス
クラウドで管理するソフトウェアVPNサービス - DNP
NAC製品「iNetSec SF」の機能を強化、クラウド版も - PFU
パブリッククラウドの監査サービス - CECとソフォス
EDRやクラウドSIEMなど含むMDRサービス - ラピッドセブン
スマホによる顔認証入退管理ソリューション - NTTドコモ
マルチクラウド対応の集中管理製品「FireEye Cloudvisory」
製品起因でマルウェア感染したら最高100万ドル - メンロ・セキュリティ