Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップル、脆弱性へ対応する「Java for Mac OS X 10.5 Update 5」を公開

アップルは、Java環境の脆弱性へ対応する「Java for Mac OS X 10.5 Update 5」を公開した。

同アップデートは、Mac OS X 10.5.8においてJava環境の信頼性やセキュリティなどを向上するプログラム。適用することにより「Java 1.6.0_15」「Java 1.5.0_20」「Java 1.4.2_22」へアップデートされ、信頼されていないJavaアプレットが実行され、権限の昇格が発生する問題を解消する。

About the security content of Java for Mac OS X 10.5 Update 5
http://support.apple.com/kb/HT3851

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2009/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

Google、「Chrome 80.0.3987」で複数脆弱性に対処
「IBM ServeRAID Manager」にRCE脆弱性 - サポートはすでに終了
メモリアナライザ「MAT」に深刻な脆弱性
Oracle、定例更新をリリース - 334件の脆弱性に対処
「Apache Tomcat」に2件の脆弱性 - 一部は旧版でも対応
「Chrome 79」では深刻な脆弱性2件含む51件の修正を実施
全文検索システム「Apache Solr」に脆弱性 - ゼロデイ攻撃のおそれも
「Chrome」ゼロデイ脆弱性、水飲み場攻撃「WizardOpium作戦」に悪用
「Java SE」の最新版がリリース - 脆弱性20件に対処
「Chrome 77.0.3865.120」がリリース - 重要度「高」の脆弱性5件を修正