Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

アップル、脆弱性へ対応する「Java for Mac OS X 10.5 Update 5」を公開

アップルは、Java環境の脆弱性へ対応する「Java for Mac OS X 10.5 Update 5」を公開した。

同アップデートは、Mac OS X 10.5.8においてJava環境の信頼性やセキュリティなどを向上するプログラム。適用することにより「Java 1.6.0_15」「Java 1.5.0_20」「Java 1.4.2_22」へアップデートされ、信頼されていないJavaアプレットが実行され、権限の昇格が発生する問題を解消する。

About the security content of Java for Mac OS X 10.5 Update 5
http://support.apple.com/kb/HT3851

アップル
http://www.apple.com/jp/

(Security NEXT - 2009/09/07 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Drupal」がアップデート - 依存ソフトの更新受け
「jQuery 3.4.0」がリリース - 脆弱性の修正も
Oracle、四半期定例アップデートを公開 - 脆弱性297件を修正
「Java SE」最新版がリリース - 5件の脆弱性に対応
Windows向け「Apache Tomcat」にリモートよりコード実行のおそれ
「Apache Tomcat」に脆弱性、サービス拒否のおそれ
「Firefox 66」がリリース - 脆弱性21件を修正
「Chrome 73」がリリース - セキュリティ関連の修正は60件
「WinRAR」が19年来の脆弱性を修正 - 公表後に悪用も
Javaフレームワーク「Nablarch」に深刻な脆弱性 - 早急に対応を