Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

身に覚えのないサイトが勝手に表示されたら要注意 - IPA

情報処理推進機構(IPA)によれば、ブラウザを乗っ取り、不正なページへ誘導するマルウェア「ブラウザハイジャッカー」に関する相談が寄せられているという。

問題の攻撃は、「インストールしたつもりのないツールバーの追加される」「起動時のページが変更される」「身に覚えがないページが表示される」といった症状が発生するもの。閲覧履歴やキー入力などを盗み出されるケースもある。

こうした攻撃は数年前から発生しているにもかかわらず、被害に遭うユーザーが少なくないことについて、IPAでは検索サイトへの過信があると指摘。検索エンジンの検索結果から「無料動画」といったキーワードに騙され、アクセスしたサイトでセキュリティに関する警告を示すアラートを読まずに進めてしまい、感染するケースを例として挙げている。

こうした被害を防止するため、OSやアプリケーションについて脆弱性を解消し、ウイルス対策ソフトを最新の状態に保つほか、有害サイトへの接続を防止するフィルタリングソフトの利用などを対策として紹介している。警告メッセージは無視しないよう呼びかけた。

(Security NEXT - 2009/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

セキュリティ相談24.4%減 - 「偽警告」関連の相談は増加
フィッシングはURL、ブランドいずれも悪用増加 - iOSで構成変更させる手口も
アダルトサイト有料会員狙う攻撃が拡大 - ダークウェブで売買されるアカウント
フィッシングサイトへ誘導されたユーザー、1年で2.5倍に
中学生の3人に1人、詐欺サイトへの誘導経験 - 8割は親に相談せず
「不正ログイン」の相談、前四半期比66.2%増 - 調査開始以降最多
漏洩などの報告方法をネットに変更、3月下旬めどに - 個人情報保護委員会
3カ月連続でフィッシング報告が増加 - URL件数は過去最悪
JALのBEC被害、ビジネスパーソン認知度は25.4% - 「漫画村」は33.5%
フィッシング報告、前月比1.5倍に - 誘導先URLも1.2倍に