Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

身に覚えのないサイトが勝手に表示されたら要注意 - IPA

情報処理推進機構(IPA)によれば、ブラウザを乗っ取り、不正なページへ誘導するマルウェア「ブラウザハイジャッカー」に関する相談が寄せられているという。

問題の攻撃は、「インストールしたつもりのないツールバーの追加される」「起動時のページが変更される」「身に覚えがないページが表示される」といった症状が発生するもの。閲覧履歴やキー入力などを盗み出されるケースもある。

こうした攻撃は数年前から発生しているにもかかわらず、被害に遭うユーザーが少なくないことについて、IPAでは検索サイトへの過信があると指摘。検索エンジンの検索結果から「無料動画」といったキーワードに騙され、アクセスしたサイトでセキュリティに関する警告を示すアラートを読まずに進めてしまい、感染するケースを例として挙げている。

こうした被害を防止するため、OSやアプリケーションについて脆弱性を解消し、ウイルス対策ソフトを最新の状態に保つほか、有害サイトへの接続を防止するフィルタリングソフトの利用などを対策として紹介している。警告メッセージは無視しないよう呼びかけた。

(Security NEXT - 2009/09/03 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット検索が危険なセレブ - 首位は初のオーストラリア出身
7月は不正広告を表示するJavaScriptが1.7倍 - 新亜種が次々開発
2018年上半期のフィッシング、前期比2.7倍で過去最悪 - 銀行狙いは鎮静化
フィッシング報告数、依然高水準 - 大手ブランドかたるメールが多種類
NEC、虹彩認証の米Tascentに出資 - マルチモーダル生体認証を共同開発
フィッシング報告が2割減、URLは増加 - 短縮URLを悪用
「ウイルス検出の偽警告」相談が2.7倍に - 「不正ログイン」関連も増加
わずか6グループで偽ショッピングサイト2万件を設置 - APWGも脅威として定義追加へ
2018年1Qの不正アクセス届出は11件、7件で被害 - 「不正ログイン」相談は52件
フィッシング報告数、前月比約2.3倍に - 悪用URLの増加は限定的