Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

MacとWindowsあわせて3台まで利用できる「ウイルスバスター2010」

トレンドマイクロは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「ウイルスバスター2010」を発売した。9月2日よりダウンロード版を先行発売し、4日よりパッケージ版の販売を開始する。

090902tm3.jpg

同製品は、ウイルス対策やファイアウォール、URLフィルタリング機能などを備えたセキュリティ対策ソフト。同社は都内で記者発表会を開催、コンシューママーケティンググループのプロダクトマネージャーである長島理恵氏が最新版の新機能を紹介した。

同製品では、「Trend Micro Smart Protection Network」を活用。ユーザーの端末における不審なファイルについて同社へ送信、分析を行う「スマートフィードバック」機能により、増加するウイルスへすばやい対応を目指している。

前バージョンより、ブラウザのパスワードフィールドへキー入力する際に暗号化する機能を搭載していたが、最新版では同機能を拡張し、すべての入力フィールドに対応した。また起動時間の高速化や検索時間の向上、アイドル時のみにアップデートや検索を行う「全画面サイレントモード」などを装備している。

同バージョンの目玉となるのは、ウイルス対策機能やWebレピュテーション機能を備えたMac版を同梱する点。WindowsやMacを自由に組み合わせて3台までインストールできる。同氏によれば、いずれも同様の定義ファイルを利用しており、Mac、Windowsいずれのウイルスも検出できるという。

(Security NEXT - 2009/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

FFRI、個人や小規模事業者向けに「yarai 」を発売 - 「Mr.F」は販売終了
Avast、Mac向けセキュリティ対策ソフトの新版 - ランサム対策追加
ESET、次期版に「ふるまい監視機能」や「ホームネットワーク保護」
マカフィー、コンシューマー向けに新版をリリース - クラウドによる機械学習を活用
ノートン新版が登場 - 「ドラえもん」のような存在目指す
カスペ、コンシューマー向け製品に新版 - OS再起動時の感染を防止
「ウイルスバスター」に新版 - 機械学習と従来技術併用の強みを強調
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
無償ランサムウェア対策ツールに日本語版 - サイバーリーズン
トレンドマイクロ、NFV向けセキュリティVNFをリリース