Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

G Dataら、誤検知対策や全体スキャンの高速化に力を入れたセキュリティ対策ソフトを発売

G Data Softwareは、コンシューマー向けセキュリティ対策ソフト「G Data インターネットセキュリティ2010」を、ジャングルを通じて9月17日より発売する。

同製品は、「BitDefender」と「avast!」のダブルスキャンエンジンを備えたセキュリティ対策ソフト。ウイルス対策にくわえ、スパム対策やファイアウォール、フィルタリング機能を搭載している。

最新版では、あらたに「ホワイトリスト」機能を追加。システムファイルや安全性が確認されたソフトに対してスキャンを実施しないことで高速化や誤検知の防止を実現する。またUSBメモリへのウイルス感染の防止機能などを備えている。

G Data Software 代表取締役のJag山本氏によれば、新機能である「ホワイトリスト」は定義ファイルとして更新を行うため、セキュリティアップデートなどの細かいバージョンの変化へ対応するという。またジャングルとの提携により、国内の著名ソフトがデータベースに登録される。

090902gd3.jpg
記者説明会に登壇したJag山本氏

(Security NEXT - 2009/09/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

組込機器向けセキュリティ製品に新版 - カスペルスキー
NTT-AT、サイバー保険を付帯したセキュリティ対策ソフトを販売
感染時即時対応サービスを付帯した「Cylance」を提供 - 日立ソ
詐欺サイト対策ソフトが「Edge」や「Safari」に対応 - BBSS
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
ゲーマー狙うランサムウェア「Syrk」に無償復号化ツール
個人向けダークウェブ監視ソフトが登場 - 発見時に警告やアドバイス
中小企業向けにデータレスPCのレンタルサービス
制御システムのセキュリティ規格「IEC62443」への準拠を支援 - マクニカ
小規模事業者やNPO向けにセキュリティハンドブックを配布 - NISC