Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、HTMLなど静的コンテンツへのアクセスを制御する新製品

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、ウェブサイトの静的コンテンツに対するアクセス制御を行える「Webコア・コンテンツガード」を、8月10日より発売する。

同製品は、HTMLやファイルなど静的コンテンツに対してアクセス制御が行えるセキュリティソリューション。ファイルやフォルダ単位で、ユーザーやグループごとにルールを設定することが可能で、ウェブサーバや既存コンテンツの変更せずに導入できる。

アクセス権限がないコンテンツへアクセスした場合、アクセス制限やコンテンツ内容の置換することが可能。またエージェントを導入することで、サーバ間のシングルサインオンにも対応している。

(Security NEXT - 2009/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NTTセキュリティら、IoTセキュリティの学習プログラム - 技術検証環境を無償提供
「どこどこJP」、チェック・ポイント利用者向けに設定支援ツール
Darktrace、ICSや重要インフラの脅威検知に注力
デジタルアーツ、iOS向けにフィルタリングアプリ - Safariなど全アプリに対応
SBTら3社、オフィスビルへのサイバー攻撃を想定した実証実験 - IoT機器の脆弱性診断を実施
ALSI、ウェブフィルタリングに新版 - アクセスデータから判定する新エンジン
シマンテック、エンドポイントに「おとり機能」を追加 - 複数のEDRオプションも
SDNやNFVで脅威封じ込め - IIJが実証実験
OSに依存せず不正なUSB接続を防ぐ「NX UsbMonitor」 - 日立
拠点間データ通信を保護する暗号化アプライアンス - 日立産業制御