Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、HTMLなど静的コンテンツへのアクセスを制御する新製品

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、ウェブサイトの静的コンテンツに対するアクセス制御を行える「Webコア・コンテンツガード」を、8月10日より発売する。

同製品は、HTMLやファイルなど静的コンテンツに対してアクセス制御が行えるセキュリティソリューション。ファイルやフォルダ単位で、ユーザーやグループごとにルールを設定することが可能で、ウェブサーバや既存コンテンツの変更せずに導入できる。

アクセス権限がないコンテンツへアクセスした場合、アクセス制限やコンテンツ内容の置換することが可能。またエージェントを導入することで、サーバ間のシングルサインオンにも対応している。

(Security NEXT - 2009/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

SDNにより感染端末を隔離しない制御システム向けセキュリティソフト - IIJ
「セキュアSAMBApro」にオンプレミス版 - 「QNAP」採用
NECとCSSC、制御システム向けにリスク評価サービス
NRIセキュア、特権ID管理製品に新版 - 自動遮断やマルチテナントに対応
制御システムのUSB対策製品を強化、一元管理に対応 - 日立
カスペ、制御システム向け製品に新版 - 20以上のプロトコルをあらたにサポート
ネットワークの可視化やアクセス制御を提供する「FortiNAC」 - フォーティネット
制御システム向けにリスクアセスメントサービス - ラック
「GUARDIANWALLシリーズ」に新版 - キヤノンITS
「情報セキュリティ白書2018」が発売 - PDF版はアンケート回答で無料