Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

富士通SSL、HTMLなど静的コンテンツへのアクセスを制御する新製品

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)は、ウェブサイトの静的コンテンツに対するアクセス制御を行える「Webコア・コンテンツガード」を、8月10日より発売する。

同製品は、HTMLやファイルなど静的コンテンツに対してアクセス制御が行えるセキュリティソリューション。ファイルやフォルダ単位で、ユーザーやグループごとにルールを設定することが可能で、ウェブサーバや既存コンテンツの変更せずに導入できる。

アクセス権限がないコンテンツへアクセスした場合、アクセス制限やコンテンツ内容の置換することが可能。またエージェントを導入することで、サーバ間のシングルサインオンにも対応している。

(Security NEXT - 2009/08/06 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

スマートファクトリーのセキュリティ対策評価フレームワークを開発 - KPMG
XMLだけでCABSとのAPI連携が可能となるプログラム - マカフィー
NEC、IoTデバイス通信をエッジで制御 - 非IP通信にも対応
原発など制御システム狙う攻撃の検知システム、開発に着手 - 三菱電機
ビル設備の閉域網、時間かければ侵入可能 - 省エネモニターに踏み台リスク
ネットワン、業務利用クラウド向けにCASB - 「Slack」にも対応予定
NEC、制御機器に応用可能な改ざん検知技術 - 4Kバイトと軽量
「NIRVANA改」ベースのサイバー攻撃可視化システムに機械学習エンジンを追加 - dit
アークン、不正接続の検知アプライアンス - ログ記録ソフトをバンドル
PSK利用のWi-Fiが退職者の不正侵入口となったケースも - PwC-CSがリスク評価サービス